ニュースリリース - 2019年2月4日

ニュースリリース - 2019年2月4日

FABU Technology社、AIを組み込んだADASならびに自動走行車向けSoCの開発にDesignWare IPを採用

実チップ実証済みのIP 群により、機能安全性の査定にかかる期間を短縮しつつAI処理性能、メモリー効率、通信効率、セキュリティの要件を達成

 

2019年2月4日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)ならびにFABU Technology(FABU Technology Co., Ltd、以下FABU)は本日、FABU Technologyが、最先端車載アプリケーション向けのAI ベース高性能SoCの開発にシノプシスのDesignWare® Interface IP、Security IP、ARC® EM Safety Island Processor IP、Embedded Memory Test and Repair IP を採用したことを発表した。今回FABUが開発したのは、ADAS ならびに自動走行車に必要となる物体/走行レーン認識、信号機認識、車両位置特定、動体解析、状況認識の処理を行うインテリジェントなチップである。FABUは、情報処理性能、メモリー効率、リアルタイムデータ通信、強固なセキュリティを持ったAI 機能を実現するために、広範囲にわたるDesignWare IP 群を活用した。シノプシスが提供している車載システム向けDesignWare IP は、ISO 26262のASIL BやASIL D準拠性認証済みで、AEC-Q100 が求める厳しい温度耐性要件も満たしており、車載システムの品質管理要求に対応し、包括的な車載システム・セーフティ・パッケージも提供している。これによりFABU は、SoC レベルでの機能安全性の査定にかかる期間を短縮することができた。

 

FABU TechnologyのCTO Hang Nguyenは、次のように語っている。「当社は、独自のディープラーニング・アルゴリズムと高速処理アーキテクチャにより、電力消費効率と処理性能を劇的に向上させたインテリジェントな情報処理技術で革命を起こしています。当社が開発したADASならびに自動走行車向けSoCでは、インテリジェントな処理機能を組み込むと同時に、システム全体としてのISO 26262準拠を短期間で達成するために、シノプシス社のAI ならびに車載向けDesignWare IP 群を活用しています

 

シノプシス IPマーケティング担当副社長 John Koeterは次のように述べている。「車載システムやクラウド・コンピューティングなどのアプリケーションに用いられる新時代のAIベースSoC 開発では、様々な情報の処理、メモリー効率、通信効率、セキュリティを確かなものとするために、多岐にわたるIP を組み込んでいく必要があります。当社は、FABU社のようなAIベースSoC のリーディング・カンパニー各社との協業を通じ、IP のSoC 統合リスクを最小化し、次世代インテリジェント・システムを市場に投入するまでにかかる期間の短縮を実現しています」

 

提供可能時期ならびに関連情報

ASIL B対応のDesignWare LPDDR4EthernetMIPI CSI-2, DSIならびにD-PHYSD/eMMC IPは、既に提供を開始している。ASIL B 対応のMulti-protocol 16G PHY IPは、2019年下半期の提供開始を予定している。DesignWare tRoot Hardware Secure Modules(HSMs)ならびにsecurity protocol acceleratorsは、既に提供を開始している。ASIL D対応のDesignWare ARC EM4SI Safety Island Processor IPならびにDesignWare STAR Memory Systemは、既に提供を開始している。

  • DesignWare IP for Artificial Intelligenceの詳細は下記より入手可能。

    https://www.synopsys.com/dw/doc.php/ds/o/artificial_intelligence_brochure.pdf

    https://www.synopsys.com/designware-ip/ip-market-segments/artificial-intelligence.html

  • DesignWare IP for Automotive Applicationsの詳細は下記より入手可能。

    https://www.synopsys.com/dw/doc.php/ds/o/automotive_brochure.pdf

    https://www.synopsys.com/designware-ip/ip-market-segments/automotive.html

 

FABU Technology Co., Ltdについて

FABU Technology(fabu ai)は、自動走行テクノロジ、AIチップ、インテリジェント・スケジューリング・システムの研究開発分野のリーディング・カンパニーである。2017年の創業以来、ADASならびに自動走行車実現のための独自技術の開発に特化しており、より安全な自動車交通とインテリジェント輸送の新時代を切り開いている。中国・杭州市、アリゾナ州・フェニックス、カリフォルニア州・サンディエゴならびにシリコンバレーに拠点を持つ。

詳細情報はhttp://www.fabu.ai/en/ より入手可能。

 

DesignWare IPについて

シノプシスは、システムオンチップ向けの高品質かつシリコン実証済みIPのリーディング・プロバイダである。シノプシスの多岐にわたるDesignWare IP群は、ロジック・ライブラリ、組込みメモリー、組込みテスト、アナログIP、有線・無線通信向けインターフェイス(業界標準プロトコル)IP、セキュリティIP、組込みプロセッサ・コアとそのサブシステムで構成されている。IPに関連するソフトウェア開発とハードウェア/ソフトウェア統合を容易にするため、シノプシスのIP Acceleratedイニシャティブは、IPプロトタイピング・キット、IP向けソフトウェアの開発キット、IPサブシステムを提供している。DesignWare IPは、信頼性の高い開発手法、品質確保のための巨額の投資の所産であるだけでなく、包括的な技術サポートとともに提供されているため、設計者は、IPのSoCへの統合リスクを最小化し、最終製品の市場投入までにかかる期間を短縮することができる。

詳細情報はhttp://www.synopsys.com/designware より入手可能。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jp より入手可能。

 

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941