ニュースリリース - 2018年6月5日

ニュースリリース - 2018年6月5日

シノプシス、デザイン・インプリメンテーション工程にAIテクノロジを応用、AIを組み込んだデジタル・デザイン・プラットフォームを提供

AI 技術を応用したパワー・リカバリー機能を提供するPrimeTime最新バージョンが業界最高水準の結果品質を従来の1/5の期間で達成

 

概要

  • 高度に複雑化した最先端デザインに対処するため、先進のマシンラーニング技術を応用して、デザイン・プラットフォームならびに革新的なFusion Technologyを拡張

  • デザイン・インプリメンテーション工程にAI テクノロジを応用することで得られる効果をPrimeTime®が実証。サインオフ・ドリブン・パワー・リカバリーのスピードを5倍に向上

  • 業界をリードするパートナー企業との協力のもと、複数年にわたって展開するシノプシス・デザイン・グループの取り組みならびにAI 投資拡大の成果の一端 

 

2018年6月5日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 – シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、高度に複雑化した最先端デザインに対処するため、先進の人工知能(AI)テクノロジを応用して、業界最高水準の設計ツール群をさらに強化する取り組みを進めていることを発表した。AI を組み込んだ設計ツールにより、シノプシス・デザイン・プラットフォームの機能を拡張し、3月に発表したFusion TechnologyTMとのシームレスな協調動作を実現した。これにより開発期間が大幅に短期化し、デジタルならびにカスタム・デザインにおける新しい結果品質の水準を確立することとなる。

 

シノプシスのスタティックタイミング・サインオフ解析ツール PrimeTime が、顧客企業の業界最先端の微細構造デザインでパワー・リカバリーの5倍高速化を達成し、チップ設計にAI を活用することによる強烈なパワーが実証された。本発表は、業界をリードするパートナー企業と緊密に協業し、複数年にわたって展開するシノプシス・デザイン・グループの取り組みならびにAI投資拡大の成果の一端である。この成果は、これまでにない発想でシノプシス・デザイン・プラットフォームに“知能”を組み込んでいく道を拓くものであり、今後桁違いの設計自動化が進み、設計者にとっては高度に差別化された製品の開発能力の大幅強化が実現する。

 

ルネサス エレクトロニクス株式会社 ブロードベースドソリューション事業本部  共通技術開発第二統括部  デジタル設計技術部  部長  岡部秀之氏は、次のように語っている。「近年のマシンラーニング技術の進化は目を見張るものがあります。当社はシノプシス社のツールを長年に渡って使用しておりますが、PrimeTimeのAI を組み込んだサインオフ・ドリブン・パワー・リカバリーには大いに注目しています。当社の大規模SoC テストでは、タイミングとパワーの最適化品質を落とすことなく、パワー・リカバリーのECOが4倍以上スピード向上することが確認できました。PrimeTimeに搭載されたマシンラーニング・テクノロジにより、以前は数日かかっていたECOを数時間のうちに完了することができ、複数のブロック、階層、さらにはデザインスタイルで“学習”結果の再利用を実行することができました」

 

自動運転やAI テクノロジの適用などに代表される半導体市場の大きな潮流は、より低消費電力でより高速に動作するチップの需要を世界レベルで喚起しており、限られた開発期間内で求められる性能/消費電力/面積を満たした製品を開発するには、設計面での技術革新が避けては通れない課題となっている。拡大するAI 技術革命の進展を契機としてAI を設計ツールに取り込むことにより、顧客企業の設計環境内で継続的に“学習”し改善していくプロセスを可能とし、従来の設計ソリューションから脱皮した設計自動化を実現することができる。AI を応用した設計ツールにより、大きなコンピューティング・パワーを必要とする解析の実行スピードが向上するため設計者の生産性は大幅に高まり、設計結果の予見性も高まるためより優れた設計判断が可能となり、過去の“学習”結果をインテリジェントに活用したデバッグを実行できるようになる。AI を組み込んだツールを用いることにより、設計者は、これまでにないレベルのプッシュボタン設計自動化を実行でき、手にした時間でかつて無い革新的なタスクに集中できるようになる。

 

シノプシス デザイングループ 共同ジェネラル・マネージャー 兼 コーポレートスタッフ Sassine Ghazi は、次のように述べている。「マシンラーニングは、高度化する複雑性やコスト増加要因となる課題を解決するための強力なテクノロジとして台頭しており、その強烈なポテンシャルは、当社のお客様各社の技術革新への道を広げます。当社の開発パートナー様との緊密な協業を通じて、AI テクノロジが驚異的な成果をもたらす設計分野が数多く存在することを確認することができました。当社は明確なビジョン、総合的な戦略、不可欠なパートナーシップを堅持してAI ベース設計ソリューションへの投資を拡大し、前代未聞のレベルのチップ設計自動化を実現し、それによって設計者の皆様がより多くの成果を挙げることができるよう支援してまいります」

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

 

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他のブランド名/製品名/サービス名/機能名称や商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941