ニュースリリース - 2020年1月9日

ニュースリリース - 2020年1月9日

シノプシス、車載システム開発向けVDKを拡充 NXP社の車載ネットワーク・プロセッサ S32Gの提供を開始

NXP社、Tier.1メーカー、OEM企業、ソフトウェア・エコシステムの構成企業各社がVirtualizer Development Kitを活用して実チップ完成の18か月前から開発を始動

 

2020年1月9日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、NXP® Semiconductor社の車載ネットワーク・プロセッサ S32G向けのVDK(Virtualizer Development Kit)の一般提供開始を発表した。このVDKは、S32Gプロセッサ向けソフトウェアならびにファームウェアを開発するため、NXP社の複数部門で幅広く活用されている。組込みターゲットの仮想プロトタイプをベースにしたVDKのソフトウェア開発キットを用いることにより、Tier.1、OEM、半導体企業各社は、ハードウェアが完成する数か月以上も前の段階で、ソフトウェアの開発/システム統合/テストのプロセスを開始することが可能となる。これにより、より多くの故障テストやカバレッジ・テストを実施し、柔軟かつ拡張性の高いリグレッション・テストを通じてテスト効率を高めることができる。

 

S32Gは、車載システムでデータのフル活用を可能にする車載ネットワーク・プロセッサである。新機能の実装や先進のエッジ端末-クラウド間の解析を無線通信経由で短時間に実行するための最新のサービス志向ゲートウェイを実現する。これにより、合理化されたドメインベース/ゾーンベースのコネクティッド・カー・アーキテクチャへの移行が加速する。高速データ処理、ネットワーク通信、セーフティー/セキュリティ確保の要請に応えるため、車載システム・ソフトウェアの開発者は、複雑化するシステムの統合作業やテストといった課題に直面している。そのため、物理的な開発環境から仮想開発環境へ移行することにより、より柔軟で拡張性の高いソフトウェア開発/テスト手法を活用していく必要がある。シノプシスのS32G向けVDKは、S32Gプロセッサ向けソフトウェアならびにファームウェア、最先端ドライバ、Linux、AUTOSAR、車載OSを開発するため、NXP社やそのエコシステム構成企業で幅広く活用されている。業界を代表するTier.1ならびにOEM各社が、S32の仮想プロトタイプを活用して、実チップ完成の18か月前からソフトウェア開発に着手している。

 

NXP Semiconductor社 Vehicle Network Processors担当副社長兼ジェネラルマネージャー Ray Cornyn氏は、次のように語っている。「シノプシス社のS32G向けVDKを活用して早期ソフトウェア開発を実現できることは、当社の開発部門やエコシステム各社ならびにお客様各社にとって重要な意味を持ちます。シノプシス社との協業を通じ、同社のVDKや当社のソフトウェアを統合した仮想開発環境を活用することにより、車載システム開発者は、S32Gが提供する最先端機能を使用して、ソフトウェアの開発/システム統合/テストを加速させることが可能となります」

 

シノプシス エンジニアリング担当副社長 Tom De Schutterは、次のように述べている。「NXP様では、ハードウェア・セキュリティ、ASIL D安全性、高速リアルタイム・アプリケーション処理技術、サービス志向ゲートウェイのための高速ネットワーキング、ドメイン・コントローラ、セーフティー・コプロセッサなどを組み合わせることにより、新しい次元の車載アプリケーションを実現しておられます。両社の緊密な協業の結果、世界中のTier.1ならびにOEM各社様で、S32G向けVDKを活用していただけるようになりました。これにより各社様は、物理的な開発環境での開発/統合/テストから、より強力かつ拡張性の高い仮想開発環境へ移行していただくことが可能となりました」

 

提供可能時期

NXP S32Gプラットフォーム向けVDKは、既に提供を開始している。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software™)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。詳細な情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

 

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941