ニュースリリース - 2020年4月2日

ニュースリリース - 2020年4月2日

シノプシス、7nm/5nm半導体設計に向けブロードコム社の協業を拡充

新たな市場を開拓する半導体製品の開発を加速するためシノプシスのFusion Design Platformを活用

 

概要

  • シノプシスのFusion Design Platformを用いて量産デザインを実現するため、最適化された7nm設計フローならびにメソドロジの開発に向けて複数年にわたる協業を実施
  • Fusion CompilerTM、IC CompilerTMⅡ、Design Compiler® NXT、PrimeTime®、StarRCTMをはじめとする業界最高水準のインプリメンテーション・ツール群により、5nmプロセスでの半導体製品開発を差別化

 

2020年4月2日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、ブロードコム社との協業拡大について発表した。両社はこの協業を通じて、7nm以降のプロセスを使ったデザインで待ち受けている数々の設計課題をシノプシスのFusion Design PlatformTMを用いて解決し、半導体製品の開発を実現していく。

 

7nmプロセスでの各種の設計成功を受け、シノプシスとブロードコム社は、Fusion Design Platformを用いた5nmデザインの開発も含めてさらに協業を拡大していく。シノプシスが提供する各種ツール、設計フロー、メソドロジを総動員した今回の協業により、ブロードコム社は顧客企業に対して、最新のプロセス・テクノロジの活用で得られるメリットを最大限活用した付加価値の高い製品を短期間で提供可能となった

 

ブロードコム社 Central Engineering責任者兼副社長 Yuan Xing Lee氏は次のように語っている。「当社は、7nm、5nmのデザインに向けたシノプシス社との協業拡大に非常に満足しています。また、Fusion Design Platformを用いた量産デザインの実現に向けた両社の協業継続に大いに期待しています。当社は、さまざまな製品の基盤となるテクノロジをグローバルに提供していくリーディング・カンパニーとして、お客様各社がそれぞれのマーケットで優位性を確保できるような高度に差別化されたソリューションを提供すべく、優れた革新技術の開発に注力しています」

 

Fusion Design Platformは、最短期間での開発完了を可能にし、さらにそれを事前に見通せる最も収束性の高い設計手法を用いて、最良の性能/消費電力/面積(PPA)を達成できるよう開発されている。テスト設計から最適化、RTL論理合成、配置配線、設計収束、サインオフを網羅した収束性の高い設計ソリューションにより、PPA結果の予測性を大幅に高め、各業界の最先端デザインに固有の開発課題の克服を可能にする。

 

シノプシス デザイン・グループ ジェネラル・マネージャー Sassine Ghaziは次のように述べている。「お客様各社が、最新のプロセス・テクノロジの恩恵を確実かつ最大限享受できるようにするためには、緊密なパートナーシップならびにコラボレーションが最重要となります。ブロードコム様とは長年にわたって協力関係を継続し、成功に向けたビジョンを共有し、今までにない価値の創造をタイムリーに実現してまいりました。業界最高水準のテクノロジの共同開発を今後も継続できると確信しています」

 

Fusion Design Platformを構成する主要なツールならびに機能は以下のとおりである。

  • RTL-to-GDSⅡインプリメンテーション・ソリューション Fusion Compiler

RTLからGDSⅡまでの高度に最適化されたフル設計フローにより、デザインの信頼性と最短期間での設計収束を実現

  • 配置配線ソリューション IC CompilerⅡ

最適化済みの5LPEデザイン・ルール・サポート、先端プロセスのルールに適合したシングル・フィン・バリアント・セルを考慮した詳細配置、ダイナミック電流を最小化し配線リソースを最大限活用できる複数ビア挿入などにより、EUV単一露光での配線を実現

  • RTL論理合成ソリューション Design Compiler NXT

フィジカル設計との高い相関性、配線密集の削減、ピン・アクセス考慮の最適化、5LPEデザイン・ルール・サポート、IC CompilerⅡへのフィジカル・ガイダンス生成

  • スタティックタイミング・サインオフ・ソリューション PrimeTime

スレッショルド付近の低電圧ばらつきモデリング、ビア変動モデリング、配置ルール考慮のECOガイダンス生成

  • 寄生容量抽出ソリューション StarRC

EUV単一露光配線のサポート、配線位置考慮のビア抵抗値モデリング/縦構造考慮のゲート抵抗値モデリングなどの新しい抽出テクノロジ

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941