ニュースリリース - 2020年8月12日

ニュースリリース - 2020年8月12日

シノプシス、電気自動車開発向けの仮想プロトタイピング統合ソリューションの提供を開始

多領域をカバーするソリューションによりパワーエレクトロニクスからソフトウェア開発そしてテストに至るまで、より早期に、より効率的、より拡張性の高い開発環境を提供

 

概要

  • 電気自動車に搭載するエレクトロニクス・システムの検証とバリデーションを、より早期段階で開始でき、より効率的に実行でき、必要に応じて迅速に拡張できる開発環境を提供する仮想プロトタイピング・ソリューション
  • 電気自動車の開発向けに機能を強化したSaberRD、VirtualizerTM、Silver、TestWeaver®といったシノプシスの仮想プロトタイピング・テクノロジをベースにした統合ソリューション
  • 制御システム、ファームウェアやアプリケーション・ソフトウェアの開発から、機能安全テスト、システム統合、キャリブレーションに至るまで、広範囲にわたる開発タスクをサポートするソリューション

 

2020年8月12日  カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、電気自動車(EV)向けエレクトロニクス・ハードウェアならびにソフトウェア開発のための、業界で最も包括的な仮想プロトタイピング・ソリューションを発表した。この統合ソリューションは、EV開発向けに機能を強化したVirtualizerSilverTestWeaverSaberRDといったシノプシスの業界最高水準の仮想プロトタイピング・テクノロジをベースに開発されている。パワー・エレクトロニクスからソフトウェア開発そしてテストに至るまで多領域をカバーするこの統合ソリューションにより、物理的なハードウェアの完成を待つ必要が無くなるため、より早期により効率的な開発を開始でき、システムテストの範囲も迅速に拡張できる。

 

ブルームバーグ・ニュー・エナジー・ファイナンスによると、世界のEV市場は、2040年までに6千万台の規模に成長するといわれている。非常に競争の激しい市場であり、一定の走行速度やワット時効率で移動できる範囲で規定される効率性の高さが、EV市場の勝者となる鍵を握っている。自動車メーカーは、効率性を高めるため最小限の電子機械部品で実現できるインテリジェントなソリューションを求めてエレクトロニクス・ハードウェアやソフトウェアの開発に注力している。開発者は、この厳しい競争の中でハードウェア設計、ソフトウェア開発、システムテストの課題に取り組んでいる。この課題は、設計空間の早期探索、電子部品の選定、コストのかかるプロトタイプ製作、モデルの準備、複雑なソフトウェアの開発/統合、機能安全テスト、大容量通信が可能でセキュアなプロトコルの検証など、多岐にわたるものである。

 

Fisker社 CTO Burkhard Huhnke氏は、次のように語っている。「エレクトロニクス・システムは、EVの性能効率を高める上で非常に重要な役割を担っています。開発コストと開発期間を削減し、製品の短期間での市場投入を可能にするためには、新しい開発ツールの導入が不可欠となります。仮想プロトタイピング・ツールを活用することにより、より早期により効率的な開発を開始でき、開発対象も大幅に拡張できるようになります。シノプシス社のEV開発向けの仮想プロトタイピング統合ソリューションは、開発加速に向けた大きな土台となります。多領域の開発と協業を可能にするソリューションだからです」

 

業界で実績豊富な仮想プロトタイピング・テクノロジをベースに開発したシノプシスの多領域対応統合ソリューションは、EV開発に固有のニーズを満たすべく各種の機能が強化されている。主なものは下記の通り。

  • パワー・エレクトロニクス、マイクロコントローラ、AUTOSARコンポーネントのEVモデルライブラリ
  • 高抽象度から高忠実度まで詳細な解析を実行するマルチレベル・シミュレーション
  • 機能安全テスト、ハードウェア/ソフトウェア・デバッグ、バリデーション解析、カバレッジ解析、タスク・キャリブレーションをカバーしたデバッグ/解析/テスト機能
  • ツール間接続ためのFunctional Mockup Interface(FMI)をはじめ、自動車開発フローやツールを新たに組み込むためのアプリケーション・プログラム・インターフェイス(API)

 

シノプシス エンジニアリング担当副社長 Tom De Schutterは、次のように述べている。「バッテリー管理システムの最適化、複雑化したソフトウェアの処理、機能安全の確保は、当社の顧客企業各社が直面している主要なEV開発課題の例です。当社は仮想プロトタイピング・テクノロジへの技術投資を長年にわたって継続しており、自動車関連のお客様各社にアプリケーションにフォーカスしたより包括的な開発ソリューションをご提供しています。これにより、開発コストの削減とより優れた製品開発が可能となるのです」

 

提供開始時期と関連情報

シノプシスのEV開発向け仮想プロトタイピング・ソリューションは、既に提供を開始している。

詳細な情報は、https://www.synopsys.com/verification/solutions/automotive/ev-virtual-prototyping.htmlより入手可能。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細な情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941