ニュースリリース - 2020年3月4日

ニュースリリース - 2020年3月4日

サムスン社、次世代の5nm モバイルSoCデザインにマシンラーニング・テクノロジを駆使したシノプシス IC Compiler II を活用

マシンラーニング・テクノロジを用いた最新の機能向上により、結果品質におけるシノプシスの優位性を強化

 

概要

  • IC Compiler™II ならびにFusion Compiler™のマシンラーニング(ML)ベースのインプリメンテーション・テクノロジを活用し、サムスン社が最大5%の動作周波数向上ならびに消費電力削減を達成

  • MLテクノロジの予測能力がTAT短縮を実現し、サムスン社の厳しい開発期間目標を達成

  • サムスン社が、MLテクノロジを活用して次世代モバイルSoCの差し迫ったテープアウトを達成

 

2020年3月4日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、サムスン社が、次世代の5nm モバイルSoCの量産デザインに、Fusion Design Platform™の構成ツールでありシノプシスが業界をリードする配置配線ソリューションであるIC Compiler II を採用したことを発表した。この高度に複雑なSoCに課せられた厳しい開発目標を達成するため、サムスン社はIC Compiler II が提供している最新鋭のマシンラーニング・テクノロジを活用し、最大5%の動作周波数向上ならびに消費電力削減という結果品質向上と、設計生産性向上による開発期間短縮を達成した。今回のモバイル向け量産SoCの短期開発成功は、サムスン社がIC Compiler II のMLベースのインプリメンテーション・テクノロジを活用して達成した最初の量産デザインという意味で画期的な成果である。

 

サムスン・エレクトロニクス社 System LSI Design Technology担当副社長 Youngmin Shin氏は次のように語っている。「当社は、次世代製品の開発に当たって性能/消費電力/面積の限界を打ち破るためにEDAベンダがどんな革新テクノロジを提供してくれるのかを常に注視しています。マシンラーニングを用いたチップ・デザインは、プロセス微細化で山積する課題の克服にとって重要な要素となる結果品質ならびに設計効率の大幅向上を可能にするパラダイム・シフトの典型です。シノプシス社が、マシンラーニングのビジョンをIC Compiler II で体現し、並外れた結果品質向上を実現してくれたことに大きな感銘を受けております」

 

MLは、顧客の設計環境で学習/改善を継続的に実行するセルフ最適化設計ツールを可能にする技術要素であり、シノプシスにとって昨今の半導体業界で高まっている要求を解決するための武器となるソリューションである。IC Compiler II ならびにFusion Compiler に組み込まれたMLテクノロジは、設計進捗の各段階でデザインがどういう動作をすることになるかを予想し、設計下流工程で発生しうる複雑な事象を迅速かつ高精度に上流工程の設計エンジンにフィードバックする。これにより設計者は、新次元の設計生産性と結果品質を実現することが可能となる。今回の発表は、あらゆる設計段階で整合の取れたセルフ最適化を実行できる設計環境を実現するためにシノプシスのデザイン・グループが複数年に渡って戦略的に実施してきた技術開発投資の成果の一端である。

 

シノプシス デザイン・グループ マーケティング担当副社長 Sanjay Baliは次のように述べている。「マシンラーニング技術を駆使したインプリメンテーションならびにサインオフを実現するための当社の技術投資は、卓越した設計結果品質や開発期間短縮ならびに性能/消費電力/面積の優位性をさらに強化するための新しい道を拓きました。サムスン様のような高い技術を誇るパートナー様との緊密な協業を通じて、お客様各社が高度に複雑なデザインの実現に活用できるマシンラーニング・ベースEDAの開発ならびに適用が可能となったのです」

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software™)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941