ニュースリリース - 2021年3月3日

ニュースリリース - 2021年3月3日

シノプシス、設計と検証の生産性を向上させる新ツール Euclideの提供を開始

設計サイクルの早い段階でバグを特定し、Design Compiler、VCS、ZeBu向けにHDLコードを最適化

 

概要

  • インタラクティブ解析/インクリメンタル解析機能により、デザインのバグを早期に特定
  • Correct-by-Construction方式のコーディングにより、Design CompilerならびにZeBuとのRTL互換を確保
  • リアルタイム・チェック機能により、開発コスト増加要因となるテストベンチ・エラーを回避、VCSのシミュレーション・パフォーマンスが向上
  • Verdiとの統合環境により、シームレスなコード開発とデバッグを実現
  • SystemVerilog/UVMに準拠しているため、検証チーム全体でベスト・コーディングの実践を確保

 

2021年3月3日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、次世代のHDL統合開発環境 Euclideの提供開始を発表した。Euclideの活用により、設計者は、複雑なHDLコードやテストベンチのSystemVerilogならびにUniversal Verification Methodology(UVM)コンプライアンス・チェックが可能となるため、開発サイクルの早い段階でバグを特定でき、設計/検証フローに向けて最適化されたコード開発が可能となる。

Euclideは、コンテキストに則した自動補完機能/コンテント・アシスト機能により、短期間でのCorrect-by-Construction方式のコーディングを可能にする。これらの機能は、シミュレータのVCS®、デバッグ環境のVerdi®、 エミュレータのZeBu®向けにチューンされ、論理合成ツール Design Compiler® NXTへの入力互換が確保されているため、開発プロジェクト全体にわたってコード品質を改善することができる。

マイクロソフト社 シニア・ハードウェア・エンジニアリング・マネージャー Assaf Shacham氏は次のように語っている。「Euclideを用いることにより、HDLコードやテストベンチのチェックを臨機応変に実行できるため、設計サイクルの後期段階に入る前にクリティカルなバグの正体を掴むことができます。また各種のコーディング支援機能やコード検討機能によって、当社の経験豊富な設計/検証エンジニアは開発効率が向上し、新人エンジニアは学習速度が高まりました」

SoCデザインの複雑性は高まる一方であり、堅牢でエラーのないHDLコードやテストベンチの開発が必須となっている。Euclideの最先端アルゴリズムにより、高速なコンパイル/エラボレーション/疑似シンセシスが可能となり、HDLコードやテストベンチの品質向上に必要なフィードバックがコード開発の段階でリアルタイムに提供される。また革新的な解析エンジンにより、インクリメンタル解析やエラー修正を実行でき、不完全なコードに対する高度なフィードバックも提供する。コードのバグを設計早期段階で発見できるため、不必要なシミュレーション・サイクル、非常に時間のかかるデバッグ工程、チップ・リスピンを回避することができる。

シノプシス ベリフィケーション・グループ エンジニアリング担当副社長 Sandeep Mehrotraは次のように述べている。「Euclideは、ユニークかつイノベーティブで高度にインタラクティブなHDLコード開発環境であり、VCSのシミュレーション向けのHDLコードやテストベンチの開発期間を短縮できます。Euclideをご活用いただくことにより、設計/検証エンジニアの皆様は、開発段階の早期にコードのバグを特定し、Design CompilerならびにZeBuとのRTL互換を確保し、VCSのシミュレーション・パフォーマンスを向上させることができます」

 

提供可能時期ならびに参考情報

柔軟性の高いコード・チェッキング・ソリューション Euclideは、既に提供を開始している。VCSならびにVerdiユーザーは、既存のプロジェクト・ファイルやスクリプトを引き続き使用して、容易に適用を開始できる。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/verification/ide/euclide.html より入手可能。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、業界で最も広範囲をカバーしたアプリケーション・セキュリティ・テスティング・ソリューションならびにサービスを提供しているS&P 500カンパニーである。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、よりセキュアでハイ・クオリティなコードを開発しているソフトウェア開発者に、革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jp より入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941