ニュースリリース - 2020年9月30日

ニュースリリース - 2020年9月30日

シノプシス、業界初のISO 26262 ASIL D完全準拠プロセッサIPの提供を開始

ASIL Dが既定するランダム故障ならびにシステマティック故障検出基準に準拠したDesignWare ARC EM22FS Functional Safety Processor IPにより、車載SoCのASIL認証取得にかかる期間を短縮

 

概要

  • 厳格なハードウェア・ランダム故障ならびにシステマティック故障検出基準に合致したDesignWare® ARC® EM22FSプロセッサが、ISO 26262 ASIL D認証にかかる期間を短縮
  • デュアルコア・ロックステップ機構、誤り訂正コード、セーフティー・モニターなどのハードウェア安全機能を統合したARCプロセッサが、チップレベルの機能安全規格の準拠性認証取得を支援
  • ASIL Dに準拠したDesignWare ARC MetaWare Toolkit for Safetyにより、ISO 26262に準拠したソフトウェアの開発期間が短縮

 

2020年9月30日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、DesignWare ARC EM22FS Functional Safety Processorが、ハードウェア・ランダム故障検出基準とシステマティック機能安全開発フロー基準を満たして、ISO 26262 ASIL(automotive safety integrity level) Dへの完全準拠認証を取得したことを発表した。今回の完全認証により、セーフティー・クリティカルな車載SoCの開発者は、ISO 26262のランダムならびにシステマティック故障検出基準を満たした開発と準拠性評価にかかる期間を短縮することができる。

 

厳格な安全性の要求を満たすため、ARC Functional Safety Processorには、メモリーやインターフェイスの誤り訂正コード(ECC:error-correcting code)、内部レジスタに対する過渡故障保護機能、診断エラー注入、組込みセルフ・チェッキング・セーフティー・モニターをはじめとする、セーフティー・クリティカルなハードウェアのための機能が統合されている。

 

SGS-TÜV Saarの半導体機能安全部門責任者のWolfgang Ruf氏は次のように語っている。「シノプシス社のDesignWare ARC EM22FS Functional Safety Processorは、SGS-TÜV Saarが同社の機能安全開発フローに対して実施した包括的なISO 26262規格準拠性アセスメントを通じて、完全な準拠性認証を獲得いたしました。ARC EM22FS がASIL Dのランダム/システマティック故障コンプライアンス認証を取得したという事実は、このプロセッサIPが自動車業界で求められている厳格な安全性基準を満たしているという事を意味するものであり、設計者の皆様は、高い信頼性の下にこのIPを組み込み、自信を持ってSoCの規格準拠性を達成することができます」

 

今回ASIL D準拠を取得したARC EM22FSは、非常にコンパクトな設計のARC EMファミリーの中で、デュアルコア・ロックステップ機構を搭載したプロセッサIPである。故障モード影響診断解析(FMEDA:failure modes, effects and diagnostic analysis)、セーフティー・マニュアル、セーフティー・ケース・レポート、ISO 26262機能安全アセスメント・レポート、その他の安全性関連の書類から成る包括的なドキュメントも提供しているため、車載SoCの機能安全性の解析と認証取得にかかる期間を短縮できる。ARC Functional Safety Processor IPはISO 9001の品質マネージメント・システム(QMS:Quality Management System)に基づいて開発されているため、車載システムの品質確保に向けた追加の要求にも対応している。またソフトウェア開発者は、ASIL D準拠のDesignWare ARC MetaWare Development Toolkit for Safetyを活用することにより、ISO 26262に準拠したソフトウェア・コードの開発期間を短縮することができる。更に、ARC Functional Safety ProcessorをシノプシスのインターフェイスIPならびにファウンデーションIPと組み合わせて実装したシノプシスのADASリファレンス・デザインを活用することにより、セーフティー・クリティカルなシステム向けのSoC開発をジャンプ・スタートさせることができる。

 

シノプシス IPマーケティング&ストラテジ担当上級副社長 John Koeterは次のように述べている。「自動車に搭載されたハードウェアのランダム故障ならびにシステマティック故障の発生を未然に防止する策は、まずSoC開発段階から始まります。つまり、車載SoCに組み込まれるIPは、ISO 26262の機能安全基準に確実に準拠していなければならないということです。業界に先駆けてDesignWare EM22FS ProcessorがISO 26262のASIL Dに完全準拠したという事実は、開発者の皆様が開発リスクを抑えつつ最高水準の品質、安全性、セキュリティ、信頼性をそなえた車載SoCを開発できるよう支援していくという当社のコミットメントを象徴するものです」

 

提供可能時期ならびに関連情報

DesignWare ARC EM22FS Functional Safety ProcessorならびにARC MetaWare Toolkit for Safetyは、既に提供を開始している。それぞれの詳細は、下記より入手可能。

https://www.synopsys.com/dw/ipdir.php?ds=arc-emfs

https://www.synopsys.com/dw/ipdir.php?ds=arc-metaware-safety

 

DesignWare IPについて

シノプシスは、システムオンチップ向けの高品質かつシリコン実証済みIPのリーディング・プロバイダである。シノプシスの多岐にわたるDesignWare IP群は、ロジック・ライブラリ、組込みメモリー、組込みテスト、アナログIP、有線・無線通信向けインターフェイス(業界標準プロトコル)IP、セキュリティIP、組込みプロセッサ・コアとそのサブシステムで構成されている。IPに関連するソフトウェア開発とハードウェア/ソフトウェア統合を容易にするため、シノプシスのIP Acceleratedイニシャティブは、IPプロトタイピング・キット、IP向けソフトウェアの開発キット、IPサブシステムを提供している。DesignWare IPは、信頼性の高い開発手法、品質確保のための巨額の投資の所産であるだけでなく、包括的な技術サポートとともに提供されているため、設計者は、IPのSoCへの統合リスクを最小化し、最終製品の市場投入までにかかる期間を短縮することができる。

詳細情報はhttps://www.synopsys.com/ja-jp/designware-ip.htmlより入手可能。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941