ニュースリリース - 2018年7月2日

ニュースリリース - 2018年7月2日

NTTデータと日本シノプシス合同会社が静的解析ツール(Coverity)の利用領域拡大と機能拡張に向けた取り組みを開始

 

2018年7月2日 東京発 - 株式会社NTTデータ(本社:東京都江東区、代表取締役社長:本間 洋、以下:NTTデータ)と日本シノプシス合同会社(本社:東京都世田谷区、社長 職務執行者:藤井公雄、以下:日本シノプシス)は本日、システム開発分野における静的解析ツールの利用領域拡大・機能拡張に向けた取り組みを2018年7月1日より開始することを発表した。様々なエンタープライズシステムを手掛けるNTTデータと、ソフトウェア品質・セキュリティを向上させるソリューションを持ち、静的解析ツールの業界ではグローバルシェアNo.1の実績を持つ日本シノプシスが協力することで、ソースコードの品質向上を実現し、さらにはシステム開発上流工程からの品質確保を目指す。この取り組みを通じて、NTTデータはシステム開発において、静的解析ツールによる恩恵をより広く享受できるようになることで、客観的かつ定量的な評価メトリックスとモニタリング手法を確立し、的確なアクションを起こせるようにし、より高い品質、より高いセキュリティを実現し、顧客企業のビジネスに貢献する。日本シノプシスは、システム開発分野における自社ツールの幅広い利用からもたらされるフィードバックを基に、さらなる機能拡張や機能改善を行っていく。

 

長期にわたり利用しているシステムでは、長年にわたる機能拡張の結果としてシステムは大規模化かつ複雑化しており、システム品質やセキュリティレベルの確保の難易度は漸進的に高まっている。また、少子高齢化による労働力不足が進む中、IT業界においてもシステム開発を行える技術者が業界全体を通じて慢性的に不足しており、システム品質やセキュリティレベルの確保をより一層効率的に行っていく必要もある。

 

NTTデータは、このような状況を改善すべくこれまでも様々な取り組みを行ってきたが、さらなる踏み込んだ取り組みを行うべく、システム開発における静的解析ツールの幅広い活用に着目した。日本シノプシスが保有する静的解析ツール Coverityを用いた大規模なフィールドテストを行い、システム開発の品質問題を早期に発見できるよう、Coverityの機能拡張を促進し、幅広い領域でソースコードに対して客観的かつ定量的な評価を行う。品質リスクに対して早期に、的確なアクションを取ることを可能にする。結果を蓄積・分析することで、故障検出ツールとしてだけではなく、上流工程における品質の作りこみを実現するための方法として活用できるようにし、さらなる高品質・高セキュリティなシステム開発プロセスの実現を目指す。

 

近年、ソフトウェアの開発ペースとプロセスの高度化が劇的に加速しているため、開発ライフサイクルを通じてプログラムの欠陥やセキュリティ脆弱性を特定するツールも継続して進化する必要がある。システム開発分野における豊富な実績を持つNTTデータと日本シノプシスが協力することで、多くのフィールドテストから得られるフィードバックを基に、さらなる機能拡張や先進技術開発を行っていく。

 

今後について

NTTデータと日本シノプシスは、2018年度に公共・社会基盤分野にて、数十のシステム開発プロジェクトに対してフィールドテストを実施する。NTTデータは本フィールドテストを通じて開発プロセスへの適合性を見極め、そこで培ったプロセスやノウハウを全社へ展開することを予定している。また、日本シノプシスは今回のフィールドテストで得られるフィードバック結果から、Coverityのさらなる機能拡張や先進技術開発に取り組み、NTTデータの様々なシステム開発支援、品質向上に貢献していく。両社でCoverity利用に伴うノウハウの共有や定期的な意見交換会等を実施することで、本フィールドテストの実効性を高め、お客様のビジネスに貢献できるシステム品質、並びにセキュリティレベルの確保・向上に努めていく。

 

Coverityについて

Coverityは、業界をリードする静的解析ソリューションとして15年以上にわたって世界1800社以上の企業・団体で使用されてきた実績を持っている。深いフルパスのカバレッジ精度を実現し、1億行を超えるようなソースコードを抱える大規模プロジェクトであっても迅速かつ正確に不具合を検出できるため、ソフトウェアのセキュリティならびに品質の向上を実現できる。主要なプログラミング言語全てに対応し、幅広いソフトウェア統合開発環境(IDE)や継続的インテグレーション/継続的デプロイ(CI/CD)ツールにもプラグインして使用できるため、DevSecOps(開発とセキュリティ確保と運用の連携)環境下で、スピードを損なうことなくアプリケーション・テストを自動化できる。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細な情報は、http://www.synopsys.com/ja-jp より入手可能。

 

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941