シリコンからソフトウェアまで

シノプシスのお客様は驚異的なシリコン・チップや高性能でセキュアなソフトウェアといった内側から、自動車業界の技術革新を推進しています。シノプシスはこうしたお客様の技術革新が最高のものになるよう支援します。

シノプシスは最先端シリコン・チップの設計・検証用ツール、およびセキュアで高品質なソフトウェアの開発期間短縮の支援において業界をリードしています。

シリコンからソフトウェアまで、シノプシスは自動車業界の技術革新を支援します。

セキュリティを推進力に
開発、テスト、自動車サプライ・チェーン全体で

シノプシスのツールやサービスは、自動車サプライチェーン全体にわたって、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)の全段階にセキュリティを組み込む企業を支援します。リスクになる設計上の欠陥を特定し、不具合や資産の脆弱性を制御します。また、サードパーティー・コンポーネント、セキュリティ脆弱性、ライセンスの使用、コード内の弱点を検出します。

シノプシスのソリューションは、ISO 26262やMISRAなど自動車サイバーセキュリティに対応する新しい規格への準拠を目指す企業を支援します。

シリコン・チップ設計を迅速化
車載品質のIPが威力を発揮

シノプシスはARCプロセッサ、インターフェイスIP、組み込みメモリー、ロジック・ライブラリ、セキュリティIPなど、シリコン実証済みの車載品質のIPの幅広い製品群をご提供しています。

ASIL対応ISO 26262認証を取得済みのシノプシスのDesignWare IPは、AEC-Q100の厳しい信頼性基準への準拠により自動車の品質管理をサポートし、ADAS、コネクテッドカー、インフォテイメント、MCUの設計の開発期間短縮を支援します。

ソフトウェア開発の高速化
サプライチェーン全体の仮想プロトタイプによる

シノプシスのバーチャル・モデルおよびバーチャル・プロトタイピング・ソリューションは、半導体チップと仮想ECUを早期に利用できるようにすることにより、ソフトウェア開発の数か月早い立ち上げを可能にします。

また、車載システムの開発ライフサイクル全体を通じて、OEM、ティア1、半導体メーカーのサプライチェーン全体にわたる協業を可能にします。

確実な機能安全と信頼性
車載チップの設計と検証に向けて

シノプシスのチップ設計プラットフォームにはデュアルコア・ロックステップ、トリプルモード冗長性、機能の包括的な解析、デバイス劣化のテスト・テクノロジー、ソフトエラー解析、アナログ故障シミュレーションなどの安全メカニズムが組み込まれています。

シノプシスのベリフィケーション・プラットフォームは故障解析、トレーサビリティ、FMEA(Failure Modeling and Effects Analysis)のための主要なセーフティ・クリティカル・テクノロジーを用いて品質と機能安全を検証する包括的なソリューションです。

ISO 26262のTCL(Tool Confidence Level)1の認証を取得しているシノプシスのツールを利用することで、品質と機能安全の適格性評価を迅速化できます。

自動車業界に関するニュースおよびリソース

車載システムに関する用語

関連資料