Virtualizer

Virtualizer

組込みソフトウェア開発環境を拡充

先進モデリング・ツールの統合によりVDKの作成・導入にかかる期間を短縮する新しいVirtualizer Studio IDE

バーチャル・プロトタイプとVDKの作成、共有、活用のためのツール

Virtualizer™は、バーチャル・プロトタイプの開発と導入にかかる期間を短縮することで、ソフトウェア部品の割合が増大しつつある半導体やエレクトロニクス製品の開発課題を解決します。以下のメリットをご提供します。

  • 製品の市場投入までに要する期間の短縮
  • 開発者の生産性向上
  • 製品品質の向上
  • 開発部門間の情報共有効率の改善

作成と運用をサポート

Virtualizerの用途は大きく分けて2つあります。Virtualizer Development Kit(VDK)の作成、そしてVDKを用いたソフトウェア開発です。

  • 仮想プロトタイプ開発者 – Virtualizerを利用して、基本モデル・ブロックの作成や、これらのブロックを組み合わせてシステムの仮想プロトタイプを効率的に作成し、VDKパッケージング自動化によりVDKの配布を容易にすることができ、最速でVDKの運用を開始できます。
  • 仮想プロトタイプを用いるソフトウェア開発者 – Virtualizer Development Kitでは、仮想プロトタイプをターゲットの組み込みシステムとして用い、ソフトウェア開発を開始することができます。VDKは、高速かつレジスタ精度のシミュレーション環境、高度なデバッグ/解析ツール、サードパーティのデバッガや組み込みソフトウェア開発ツールとの同期統合環境を提供するため、最高レベルの生産性でソフトウェア開発を進めることができます。

包括的なバーチャル・プロトタイピング・ソリューションが提供するその他の機能

自前でカスタマイズする手法と比べて、Virtualizerソリューションはソフトウェア開発効率を大幅に高め、最短期間で高品質なソフトウェア開発を進めることができます。Virtualizerソリューションには以下の機能があります。

  • Virtualizer Studioには、Eclipseテクノロジ・ベースのIntegrated Development Environment(IDE)が搭載されており、Virtualizerによる仮想プロトタイプ開発ならびに運用のフローをひとつの環境でシームレスに実行できます。最先端のモデリングならびにデバッグ・ツールも組み込まれているため、最短期間で高品質なVDKの開発/運用が可能となります。
  • 業界最多のトランザクションレベル・モデルおよびリファレンス・デザインをご提供しており、業界標準規格のSystemC/TLM-2.0によるloosely timed(LT)、approximately timed(AT)、SystemC untimedならびにサイクル精度レベルをサポートしています。
  • FPGAベースのフィジカル・プロトタイピング、フィジカル・エミュレータ、HDLシミュレータ、ハードウェア検証/システム・バリデーションのためのその他のフィジカル・シミュレーション環境との統合ソリューションをご提供します。
  • リアルならびにバーチャルのI/Oをサポートできるため、VDKをホスト・デバイスならびにホストOSレイヤに接続して使用することができます。
  • モデリングとバーチャル・プロトタイプの作成を支援し、これらの作業ににかかる時間を短縮するサービス。および豊富な経験を生かしたプロトタイプ導入支援サービス

Virtualizerは、トランザクションレベル・モデルやコンサルティング・サービスなどと共に、シノプシスの包括的なバーチャル/ハイブリッド・プロトタイピング・ソリューションの一部です。