バーチャル・プロトタイピング

バーチャル・プロトタイピング

ソフトウェアの早期開発と容易化により製品開発のイノベーションを加速

複雑化を極めるハードウェアとソフトウェアをシステムとして統合する作業は、次世代のワイヤレス/コンシューマ/車載機器を開発する半導体企業やOEM企業にとって非常に困難な課題です。現在、大半のソフトウェア開発は実チップの完成後に着手・検証されていますが、

こうした従来型のシリアルな開発手法では、益々厳しさを増す開発期間短縮の要請に応えることはできません。

バーチャル・プロトタイピング・ソリューションを活用すれば、ソフトウェア開発の早期着手と期間短縮を実現でき、システムのサプライチェーン構成チーム間のやり取りがスムーズになるため、開発スピードを大幅に向上できます。ソフトウェア開発チームは、ハードウェアが完成する数ヶ月前の段階から開発に着手でき、シリコンチップが完成した数日後にはシステム全体の構築を完了することが可能となります。バーチャル・プロトタイプは、システム全体の機能を完全に表現した高速動作のモデルで構築されているため、プロダクション・コードを修正することなく実行でき、従来手法では不可能な高いデバッグ効率を提供します。

シノプシスのバーチャル・プロトタイピング・ソリューションは、Platform Architect MCOVirtualizer、そしてバーチャル・プロトタイプを構築するための業界最多のトランザクションレベル・モデル(TLM)に加え、ソフトウェア開発をより早期に立ち上げるためのVirtualizer Development Kits(VDK)や開発プロジェクトを支援する技術サービスもご提供しています。