エミュレーション

高性能SoCエミュレーション

高性能SoCエミュレーション

シノプシスの高性能SoCエミュレーション・システムを使用することで、エンジニアはハードウェア・バグや潜在するソフトウェア・バグを素早く特定し、製品化までの期間を短縮できます。

業界最速のエミュレーション・システム

今日のSoCデバイスとその中に組み込まれたソフトウェアのサイズと複雑性が増大するに伴い、開発プロセスでの検証は非常に重要な課題となっています。シリコン化前のハードウェアおよびソフトウェアの両方の検証が行えることが標準となってきており、何十億というサイクルにわたる膨大なテストが必要になります。このような課題に対応するには、検証プロセスを高速化する非常に高いパフォーマンスの高度の検証テクノロジが必要になります。

シノプシスのZeBu Serverは業界最速のエミュレーション・システムです。ZeBuソリューションには、仮想システム・レベルの検証環境をすばやく構築できるZeBu Server-3エミュレータと幅広いZeBuトランザクタおよびメモリー・モデルのポートフォリオと、ZEMI-3トランザクタ・コンパイラが含まれています。ZeBuは、Verdiを含む包括的なデバッグを統合しており、パワー・マネジメント検証、アーキテクチャ・エクスプロレーションやハードウェアおよびソフトウェアの最適化のための仮想プロトタイプを使ったハイブリッド・エミュレーションなどの高度のユース・モデルに対応します。

ツール

ソリューション

最終製品の完全な動作と技術目標の期限内の達成を確実にするには、ハードウェア検証、早期のハードウェア・ソフトウェア協調検証、およびシリコン化前のソフトウェア検証が不可欠です。高速、高パフォーマンスのZeBuエミュレータは、SoC開発サイクル全体にわたってデザイン品質を向上し、コスト高につく再設計を削減する包括的なハードウェア支援による検証ソリューションです。

設計目標を達成するには、早期のハードウェア検証が重要です

TLM 2.0 integration with Platform ArchitectTM MCOおよびVirtualizerTM for Hybrid Emulationを使用して、SoCのアーキテクチャ、早期ソフトウェア開発およびソフトウェア指向SoC検証を検証できます。

シミュレーション・アクセラレーションによってVerilog、VHDL、またはSystemVerilogのシミュレーションを飛躍的に高速化

高速のトランザクションベースの検証を使用してSoCデザイン全体を検証

ハードウェア・ソフトウェア協調検証と組み込みソフトウェア検証の実行

早期のSoCのハードウェア・ソフトウェア協調検証と、プレシリコン(シリコン化前)ソフトウェア検証には、ZeBuの組み込みプロセッサ・モデルのサポートが重要です。

高速で効率的なトランザクションベース・エミュレーションによってZeBuエミュレータの柔軟性の高いソリューションが実現します。これは、ハイブリッド・エミュレーションの基盤となるテクノロジであり、このテクノロジによりスケーラブルなデバッグ・メソドロジが実現されました。