プロトタイピング

Industry's Fastest Prototyping Solution

Integrated system speeds software development, hardware verification and system validation.

ハードウェア設計とソフトウェア開発を加速するシステム拡張性の高いプロトタイピング・システム

開発期間短縮目標を達成するため、プロトタイピングを活用する設計/検証チームが増加しています。シノプシスのHAPSプロトタイピング・ソリューションを使用することにより、組み込みソフトウェアの早期開発開始が可能となり、実チップ完成のはるかに前の段階からハードウェアとソフトウェアの協調設計を行うことができるため、開発期間を短縮し、開発コストの高騰要因となる再設計を回避できます。また、緊密に統合された使いやすいHAPSハードウェアツールにより、ソフトウェア開発、ハードウェア検証、個々のIPブロックの検証やSoC全体を構成するプロセッサ・サブシステムのシステム・バリデーションに要する期間を大幅に短縮できます。

また、シノプシスHAPS接続プログラムのメンバー企業がHAPS向けドータボードを提供し、HAPSシステム構築を支援しています。

シノプシスのHAPSプロトタイピング・ソリューションはこれらすべてを兼ね備えています

シノプシスのHAPSプロトタイピング・ソリューションは、包括的な設計自動化・デバッグ環境、HAPS ProtoCompilerによってサポートされた、HAPS® High-performance ASIC Prototyping System™をベースにした完全なハードウェア支援のシステム・バリデーション環境です。

シノプシスのプロトタイピング・ソリューションの利点:

  • 組み込みソフトウェア開発を早期に行うことにより設計スケジュールを3〜6カ月短縮
  • 事前テスト済みのDesignWare IPコンポーネントを利用できるため、手間のかかるIPプロトタイピングが不要
  • 複数のプロジェクトで再利用が可能なモジュール式システムによりROIを最大化
  • 400を超すお客様の5,000以上のユニットでの実績を持つソリューションにより開発リスクを低減
  • 実機と同等の高速インターフェイスを用いたテスト環境を提供する高性能なプロトタイピング・システムにより、製品品質が向上
  • ソフトウェア開発チームへの展開が容易なポータブルで低コストなプロトタイピング・システム
  • RTLデザインと他のモデル・フォーマット(SystemCなど)を自由に組み合わせてハイブリッド・プロトタイプを作成できるため、より早い段階でプロトタイプ構築が可能
  • 最新のFPGAデバイスの登場に合わせて新しい製品が迅速にリリースされるため、システム構築にかかる手間や、カスタムボード開発コストを回避
  • 洗練されたPCBテクノロジと最先端の消費電力/熱管理システムにより、長時間動作時でも高い信頼性を維持
  • ネットワーク接続やHAPS UMRBus Interface Kitにより、システム展開/共有が容易