SaberES Designer

SaberES Designer

概要

自動車電装系は、安全で効率的かつ費用対効果の高い車両操作を可能とするために、個々の電気サブシステムやコンポーネントの隅々まで電力とデータを分配します。接続されたすべてのサブシステムには無数の複雑性や相互依存関係があり、電装系の設計プロセスを確実に機能させるためには技術課題やロジスティックな課題が存在します。

統合された電装系設計

SaberES Designer™は、統合された電装系設計プロセスをコンセプトの段階から製造に至るまで提供することにより、これらの課題に対処する設計チームを支援します。SaberES Designerはデータ入力を最小限に抑え、複雑なシステム全体の派生品種設計を管理し、協調設計を可能にし、データの整合性を維持し、ひいては3D CADシステムとの効率的な情報のやりとりを可能にします。

トップダウン型の「コネクテッド」設計フロー

トップダウン型の「コネクテッド」設計フロー

電装系設計・検証のための完全な統合ツール

  • 機能設計および物理設計に対応した電装系開発のための直観的ツール
    • サブシステム設計:機能(外部照明、ブレーキ、エンジン制御など)を表現する論理接続により回路図を再利用可能
    • システム設計:サブシステム設計から車載用プロジェクトを生成。プロジェクトのすべてのサブシステムの設計全体で信号とコンポーネントの整合性を自動的に結合・検証
    • 配線設計:システム設計から生成し、設計者が企業データベースからワイヤ、シェル、インライン・コネクタ、スプライスなどの物理オブジェクトを割り当てて進化させていく手法。ハーネスの設計を分割し、インライン・キャビティの占有率の適正さをすばやく見極めるため、設計全体で「コネクター・マネージャー」を使用
    • バンドル設計:配線設計、オプション/バリアント・コンフィグレーション、3D MCADルーティングを再利用して製造ハーネス図面を生成
  • 電気システムの設計に必要なデータフローを、概念段階から製造段階まですべて統合
    • 主要な3D MCADエンジニアリング・ツールとのインターフェイス
  • Correct-by-constructionを実現し、データ変換エラーを防ぐシングルデータベース
    • オプションやバリアントのコンフィグレーションのサポートにより、ハーネスが複合型であるかモジュール/顧客固有であるかを問わず、構築可能なあらゆる自動車電装系に対応し、設計工程全体の整合性を自動的に確保
  • 図面を確実にチェックイン/チェックアウトすることによる効率的な協調設計
    • 同一プロジェクトにグローバルな設計チームとコンフィギュラブルなユーザー役割を割り当てることにより、作業工程のレベルやセキュリティをさまざまに変更可能
  • 内蔵され、さらに拡張することも可能な設計検証機能

電装系の検証

  • 電圧降下と過電流
    • SaberES Designerのエクスペリメント・アナライザーを使用した再利用可能な検証シミュレーションを実装
    • 内蔵のDCシミュレーション機能を使用して電圧降下と過電流を検証し、フューズサイズ、各ワイヤの断面積、スニークパスの有無等を決定
    • シミュレーション・データをバックアノテートし、問題を見つけられそうなノードにプローブをあて、迅速に問題部分を特定
  • 高度な過度解析とロバスト設計
    • 車載ネットワークを含む高速伝送システムの過度応答を検証するために、Saber Simulator(オプション)を追加実施
    • コンポーネントのばらつきや動作環境のドリフトを考慮した設計最適化のためにSaber InSpecs(オプション)を追加実施
  • 電装系の機能安全を検証
    • SaberES Designerの配線設計からダイレクトにすばやくハードウェア故障の選択とコンフィグレーションを行うことが可能
    • 故障カバレッジを文書化し、機能安全フローをサポートするため、SaberES Designerのエクスペリメント・アナライザーから機能安全のシミュレーション結果をエクスポート