車載システムのプロトタイピング

車載システムのプロトタイピング

車載システムの開発期間を短縮

半導体メーカー、Tier 1、OEM各社が車載システムの開発で協業を加速

より低燃費で、環境に優しく、安全で、信頼性の高い自動車を実現する必要性から、車載エレクトロニクス・コンポーネントは急速な変化に直面しています。進化する車載アーキテクチャとサブシステムの定義、より高性能なハードウェアMCUならびにSoC、増大するソフトウェア・コンテンツ、新しい有線/無線ネットワーキング要件、ISO 26262などの標準規格準拠性テストの強化に対応するため、パワートレイン、HEV/EV、シャーシ、先進運転支援システム(ADAS)、インフォテイメントなどの車載システムも進化を迫られています。車載機器開発プロセスのサプライチェーンにプロトタイピング・ソリューションを導入することによって、車載半導体メーカー、Tier 1、OEM各社は、各種ハードウェアやソフトウェアからECU、車全体にいたる開発期間を短縮し、生産性を上げ、コストを削減し、品質を高めることが可能となります。

シノプシス車載プロトタイピング・ソリューション

テストの処理能力を大幅に向上させるシノプシスのVirtual Hardware ECUソリューション
車載ECUは、より多くのテストをより短期間に実施されることが求められています。仮想環境でECUテストを実行することで、開発プロセスのすべての段階で品質を向上させることが可能となります。メモリー不良/フォルト/カバレッジのテストから完全に自動化されたリグレッション・テストに至るまで、連続的な統合テストを行うことでISO 26262に対応したテストにかかる期間を短縮することができます。

ソフトウェア開発/システム統合/テストを早期に開始できるシノプシスのVirtualizer Development Kit(VDK)
VDKを使用することにより、ECUを構成するMCUやSoCの実機が入手可能となる12~18か月前の段階で、ソフトウェア開発をスタートさせることができます。複雑なドライバ、MCALの開発、OSの移植、マルチコア向けソフトウェア、プログラマブル・ハードウェア・アクセラレータ・アルゴリズムなど、未テストのハードウェアやソフトウェアを統合することで発生しうる破綻を回避できます。

半導体の製品化までの期間短縮を可能にするCenter of Excellenceによる協業と支援
協業に向けた取り組みの早期開始、VDKの提供とサポートの合理化、顧客開拓の早期化、顧客満足の向上、収益実現までの期間短縮 Center of Excellence(中核的研究拠点)を通じ、シノプシスは、車載VDKの開発と導入までにかかる期間を短縮するため、ルネサスエレクトロニクス社、インフィニオン社、NXP社といった業界を代表する車載MCU/SoC各社と緊密に協力しています。

早い段階での性能/消費電力の共同解析を可能にするPlatform Architect MCO
過剰設計や過少設計となるリスクを回避するためには、半導体メーカー、Tier 1、OEM各社は、より効率的な協業を展開する必要があります。高精度で実行可能な仮想プロトタイプと現実的なアプリケーション・ユースケースに基づいた協業を展開することで、開発プロジェクトの早期段階でアーキテクチャの検討/最適化/検証とそれらに向けた意思疎通が可能となります。

プロトタイピングによるASIC開発期間の短縮
シノプシスがご提供している拡張性の高い統合フィジカル・プロトタイピング・ソリューションを活用することにより、車載システムの設計/検証エンジニアは、複雑なペリフェラルやハードウェア・アクセラレータを搭載したADASビジョン/インフォテイメント/オーディオ向けSoCから、特定の車載機能に特化したASICに至るまで、各種のデザインにかかる期間を短縮し、同時にコスト増加要因となる開発のやり直しを回避することができます。


シノプシス車載プロトタイピング・ソリューション

ソリューション半導体/車載半導体部門Tier 1/OEMのECU開発部門OEMの自動車開発部門
Virtual Hardware ECUによるテスト処理能力の向上
VDKによるソフトウェア開発/システム統合/テストの早期開始
Center of Excellenceプログラムを通じた協業による半導体開発
Platform Architectによる性能/消費電力の早期共同解析
フィジカル・プロトタイピングによるASIC開発期間の短縮