QuantumATK

半導体&材料開発のための原子スケールモデリング

計算機性能の飛躍的向上とアルゴリズムの進歩により、近年、幅広いハイテク産業界において、新材料・半導体の研究開発に原子スケール・シミュレーションが活用されるようになっています。

原子スケール・モデリング最大の利点は、詳細な原子スケールの描像が得られることにあります。これにより、実験データの補完が可能となります。また、高品質な製品の開発および低コスト・迅速な材料選定が可能となり、開発プロセスが効率化されます。QuantumATKは、世界最先端の専門家チームが開発・サポートを行う、原子スケール・シミュレーションの統合パッケージです。このソフトウェアは、半導体業界における主な応用研究の用途に対応します。またこれは、Synopsys Design-Technology Co-Optimization (DTCO) solutionの中核技術でもあります。QuantumATKはツールとして、大規模系を扱うための古典的力場関数を用いる方法から、小規模系に対する精密な第一原理的方法など、幅広く取り揃えます。

QuantumATKシミュレーション・プラットフォームの利点

  • 材料を原子レベルで構築し、その物理化学的性質を計算
  • 新製品・システム開発のための最適な新規材料のスクリーニング
  • 製品に使用する材料の選定・最適化実験を代替、若しくは、実験の指針を提示

QuantumATKテクニカル・リソース

Connect with QuantumATK