QuantumATK

高度な半導体設計のためのソリューション

QuantumATKは、材料プロセスとトランジスタの初期段階における最適化を可能とし、高度な半導体の技術開発に掛かる時間とコストを削減します。また、QuantumATKとSentaurus TCADの連携により、材料開発からデバイス設計までをシームレスに行うことができます。

QuantumATKは、高度な半導体技術開発において、重要な材料問題に対するモデリング・ソリューションを提供します:

  • 配線における代替材料の探索
  • 金属-半導体接合のモデリングと最適化。
  • 量子化トランジスタに使用する新チャネル材料のバンド構造とキャリア輸送のモデリング
  • High-k誘電体と強誘電体の積層構造の探索と最適化
  • フィンとピラーの崩壊の力学的モデリング
  • その他の多数の重要な問題

カスタマーの声

 “[… The QuantumATK package] has proven to be an integral part of our studies, allowing us to explore from the atomistic level nanostructures that are directly relevant to nano-electronic technology design […] “

Prof. Jim Greer | University of Nottingham, Ningbo China Campus

 

“ I’ve used a lot of codes for MD, DFT and semi-empirical total energy and transport calculations in the past and I can easily say that [QuantumATK] is better by a huge margin. […] “

User from Semiconductor Industry 

 

“[Synopsys QuantumATK Team] has managed the tour-de-force of blending high performance material modeling techniques (combining solid state physics, chemistry and molecular dynamics) with user-friendliness. […]”

Dr. Geoffrey Pourtois