QuantumATK

学術研究のためのソリューション

世界400の研究グループにて、以下に挙げる目的でQuantumATKが活用されています。これに加わり、研究成果の価値を高めませんか:

  • 方法論の独自完備:古典的な力場から、半経験的手法および密度汎関数理論(DFT-LCAOおよびDFT-PlaneWave)
  • デバイスおよび表面シミュレーションのための非平衡グリーン関数 (NEGF) 法
  • 原子スケールモデリングの最先端技法を実装
  • Pythonスクリプティングと連携した高度なグラフィカルユーザーインターフェース (GUI)
  • 効率的で信頼性のあるサポート

QuantumATKのNanoLab (GUI)を利用することで、新しい方法論を使い始めるための障壁を減らし、貴方と学生の研究時間を節約できます。 NanoLabには、分子、結晶、ナノ構造体、および原子デバイスを構築するための様々な使いやすいツールが揃っています。 NanoLab GUIを使用すると、データベースへのアクセス、QuantumATKおよびその他のコードを使用した効率的なシミュレーションワークフローの設定、ジョブの投入と実行、データの整理、結果の可視化および分析、論文に掲載する高品質な図の作成、が可能となります。

QuantumATKは、以下に挙げる原子スケールモデリング・ソリューションを提供します:

  • 電子的、熱的、機械的、等に関する性能向上を目指した材料探索
  • 金属-半導体接合のモデリングと最適化
  • トランジスタのチャネルにおけるバンド構造とキャリア輸送のモデリング
  • スピントロニクス・メモリのシミュレーション
  • 新しい太陽光発電材料やデバイスのモデリング
  • バルク系やナノスケール系におけるフォノン散乱律速移動度の予測
  • 様々な堆積法に基づく薄膜成長のシミュレーション、薄膜/表面ヘテロ構造のシミュレーション
  • 触媒活性向上のための新材料のスクリーニング
  • その他の重要な問題、多数

 

カスタマーの声

“[…] Based on our experience, there are several reasons why [QuantumATK]  can be considered the best tools for electron transport simulations at the atomistic scale:
It is comparably easy to learn (due to the graphical user interface [NanoLab] ).
It is quite easy to use (again due to [NanoLab]).
It has a powerful scripting interface.
The customer support is really great. […]”

Dr. Andreas Zienert | Technische Universität Chemnitz

 

[QuantumATK] together with [NanoLab] is an outstanding package opening the possibility to gain insights in the design and understanding of spintronic devices by including non-collinear spin options and spin-orbit interactions in the transport calculations”

Dr. Eliseo Ruiz | University of Barcelona

 

[…QuantumATK] has become a must use tool for our rapid prototyping of conventional and unconventional electronic/optical transport nano-devices, and for training students and postdocs on the foundations and challenges of band structure, transmission spectra, conductance, and tunneling current/voltage properties using first-principles quantum mechanics methods. […]

Dr. Andres Jaramillo-Botero | California Institute of Technology | 2015