DesignWare Root of Trustソリューション

Root of Trust、tRoot

セキュリティが重要視される用途向けの高度な組み込みセキュリティ

DesignWare Root of Trustソリューションは、量産用途向けのシリコン実証済みの自己完結型セキュリティ・ソリューションです。

機器の信頼性の確立は設計プロセスの初期段階から始まり、製造、サービス、保守のプロセスから生産終了までの各側面を考慮に入れます。多くの機器にはサービスへの登録、医療記録、クレジットカード/銀行情報などの所有者自身を表すような有価な情報が保存および処理されており、そのデータは正当な所有者に対する脅威や不正使用を防ぐために保護する必要があります。高度に組み込まれたセキュリティの重要性がこれまで以上に高まっています。

ハードウェアのRoot of Trustを組み込むことにより、半導体製造者やOEM/ODM顧客は固有のデバイス・インスタンスに紐づけられた強固な暗号デバイスIDを構築することができます。製造者は所有者に代わってこのIDを使用し、デバイスのライフサイクル全体を通じてセキュアなメンテナンスを行ったり、新しい機能やサービスを提供することが可能です。デバイスに対する所有者の信頼を 確保するための 重要な要素は、デバイスのインテグリティを測定して示すことができることです。この信頼は、ネットワークや接続されたその他のデバイスへと拡張することができます。

シノプシスはIoTハブ、産業制御、ネットワーキング、メディア、モバイル端末などの量産用途向けの優れたセキュリティ・ソリューションをご提供しています。

Root of Trustを伴うDesignWare tRootハードウェア・セキュア・モジュール(HSM) により、 SoC内で処理される機密性の高い情報やデータ、および外部エンティティとの通信を保護するセキュアな実行環境(TEE:Trusted Execution Environment)を実現できます。

HDCP 2.2/ 2.3対応組み込みセキュリティ・モジュール(ESM) は、 HDMI、DisplayPort、USB Type-Cの有線接続によるHDCPコンテンツ保護テクノロジーの包括的な実装を提供します。これらのソリューションは、コンテンツ保護の仕様に規定されている厳格な堅牢性ルールに適合し、Root of Trustを伴う自己完結型のセキュア・モジュールです。 


Newsletters