ニュースリリース - 2018年9月11日

ニュースリリース - 2018年9月11日

シノプシスとTruphone、SIM IPとマネージド・サービスを統合した無線通信経由のプロビジョニング・ソリューションを提供

DesignWare tRoot HSM IP for iSIMとTruphone Io3マネージド・サービスにより、IoTデバイスのセキュアなモバイル接続を実現

 

概要

  • 機密情報やデータ処理を保護するセキュアな実行環境を提供するDesignWare® tRoot™ HSM IP with Root of Trust

  • 新しいDesignWare tRoot HSM IP for iSIMとTruphoneのソフトウェアの統合により、無線通信経由でのセキュアなリモート・プロビジョニングとオペレーティング・システム更新を実現

  • iSIMベース・デバイスの製品ライフサイクルを通じて、デバイスメーカーならびに移動体通信事業者に完全な製品管理能力を提供するGSMA基準のTruphone Io3 Platform

  • SIMカード方式からエンベデッドiSIM方式への転換により、サイズ、消費電力、コストを削減

 

2018年9月11日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)ならびにTruphoneは本日、デバイスの接続性と安全性を確保するため、DesignWare® tRoot Hardware Secure Module(HSM) for integrated SIM(iSIM) へのTruphoneエンベデッドSIM(eUICC)ソフトウェアの統合で協業していると発表した。シノプシスの新しいtRoot HSM for iSIMにより、セキュアな本人確認と認証が求められるIoTデバイスのサイズ/低消費電力/コストを削減できる。Global System for Mobile Communications Association(GSMA)のEmbedded SIM仕様に準拠したTruphone Io3 PlatformのリモートSIMプロビジョニング・サービスにより、iSIMベース・デバイスの製品ライフサイクルを通じたインテリジェントなデバイス管理が可能となる。そしてtRoot HSM for iSIMとTruphoneのIo3 PlatformならびにSIMテクノロジの統合により、デバイスメーカーならびに移動体通信事業者は、地球規模のセルラーネットワークで結ばれたデバイスをセキュアな環境で接続し運用するために必要とするハードウェア/ソフトウェア/サービスを利用できるようになる。

     * プロビジョニング:顧客ニーズに応じてハードウェア/ソフトウェア/ネットワークなどのリソースを提供できるよう予測・準備しておくこと

     * マネージド・サービス:サービスの利用に必要な機器などの運用や管理、導入時に必要な機器の設置や設定なども一体として提供するサービス

 

TruphoneのChief Business Development Officer、Steve Alderは次のように語っている。「当社独自のSIMテクノロジをシノプシス社のtRoot HSM IPに組み込むことにより、すぐにセルラー接続を開始できるデバイスが可能となります。当社のIo3 Platformは、世界中のあらゆるネットワークへのデバイスの即時接続を可能にします。また我々は、カード方式SIMがもたらすコストや複雑性を排除し、デバイスのネット接続という仕事をもっとシンプルなものに作り変えるためのオープンなエコシステムをご提供しています。IoT機器に関して言えば、シンプルなモバイル接続と、今後増加していく新しいユースケースに対しても対応が可能となるのです」

 

シノプシス IPマーケティング担当副社長 John Koeterは次のように述べている。「セキュアなセルラー接続IoTデバイスの開発には、製品出荷後のシステム更新を可能にするリモート・プロビジョニング・サービスと連携できるSIMハードウェアが必要です。新しいDesignWare tRoot HSM for iSIMは、事前検証済みのハードウェア・ソリューションと、Truphone社のSIMソフトウェアも含めたソフトウェア・ソリューションをご提供します。これにより、悪意ある攻撃からSoCを守りつつ、コンシューマ向けIoTデバイスをセルラー接続することが可能となります」

 

DesignWare tRoot HSM

tRoot HSMには、SecureShieldテクノロジを搭載したDesignWare ARC® SEM110 Security Processorが組み込まれており、サイドチャネル攻撃からデバイスを守る最先端のセキュリティ機能を提供する。また、不審なメモリーアクセスに対する機密性と信頼性を確保したセキュアなインストラクション/データメモリー・コントローラに加えて、暗号化アクセラレーション・ソフトウェアならびにハードウェアが搭載されている。さらにtRoot HSMのセキュリティ機能は、NIST(米国・国立標準技術研究所)認証済みの暗号ライブラリならびにセキュア・ブートにより強化されている。こうした各種セキュリティ・テクノロジを統合したコンフィギュラブルなtRoot HSMにより、SoC設計者は、面積ならびに電力効率の高いプログラマブルなroot of trust環境を実装することができ、マルウェアやデータ改ざん、通信プロトコルの盗用などから経済価値の高いデータを防御することができる。

 

Truphone Io3 Platform

TruphoneのIo3 Platformにより、モバイル・ネットワークへのデバイス接続を非常にシンプルに実現できる。世界中の様々な移動体通信事業者を包括的かつ強力にサポートでき、必要に応じていかなるタイプのネットワークへの接続も実現できる。Global eSIMならびにリモートSIMプロビジョニング・サービスは、あらゆるデバイスに対してセキュアな即時モバイル接続を可能にする。Io3は、電源投入後にネット接続とサービス開始を自動実行するオープンなエコシステムであり、いかなるタイプの通信事業者のシステムにも適用できる。

 

提供開始時期ならびに参考情報

DesignWare tRoot HSM for iSIMは、2018年第四4半期の提供開始を予定している。TruphoneのIo3リモート・プロビジョニング・サービスは、既に提供を開始している。

  • DesignWare Security IP Solutionの詳細

https://www.synopsys.com/designware-ip/security-ip.html

  • Truphone Io3 Connectivityの詳細

https://www.truphone.com/iot-solutions/iot-network/

 

Truphoneについて

Truphoneは、ネット接続はもっと簡単に、シャープに、効率的に実現できると確信している。これを実現するため、2006年の創業以来、最先端のSIMソフトウェア、直感的なマネージメント・プラットフォーム、パワフルなグローバル・ネットワークを構築してきた。

Truphoneの専門家集団は、よりスマートな世界を実現するため、モノ/人/ビジネスのよりよいコネクションの実現に日夜取り組んでいる。ロンドンに本社を置き、4大陸に12の拠点を展開しており、グローバル展開を拡張し続けている。詳細な情報は、www.truphone.comより入手可能。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。詳細な情報は、https://www.synopsys.com/ja-jp より入手可能。

 

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941