ニュースリリース - 2019年4月30日

ニュースリリース - 2019年4月30日

シノプシス、モバイルやAR/VR、オートモーティブ向けSoCに品質劣化のない画像圧縮機能を組み込むためのVESA DSC IPの提供を開始

SoCへの統合リスクと開発期間を最小限に抑制するDesignWare VESA DSC IPとDesignWare HDMI 2.1、DisplayPort、MIPI DSI IPの組み合わせ

 

概要

  • VESA DSC IP 1.1ならびに1.2a仕様に準拠したDesignWare® VESA DSC IPが、120Hzのリフレッシュ・レートならびに最大10Kの解像度を実現

  • 最大で16スライスに分割可能なコンフィギュラブルIPにより、没入型の視覚体験を提供する高性能なデータ転送を実現

  • 新しいVESA DSC Encoder and Decoder IPソリューションが、動画ならびに静止画のインターフェイス・データ・レートを削減し、長時間バッテリー駆動を可能にする低消費電力を実現

 

2019年4月30日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、モバイルや拡張現実/仮想現実(AR/VR)、オートモーティブ向けSoCに品質劣化のない画像圧縮機能を提供するDesignWare Video Electronics Standards Association(VESA®) Display Stream Compression(DSC) Encoder and Decoder IPの提供開始を発表した。DesignWare VESA DSC IPは、DesignWare HDMI 2.1、DisplayPort、MIPI DSI IPとの協調動作により、最新のVESA DSC IP 1.1ならびに1.2a仕様に準拠した完全な画像表示ソリューションを提供する。DesignWare VESA DSC IPにより、組込みならびに外付けディスプレイで、最大10Kの高解像度コンテンツに求められる120Hzのリフレッシュ・レート、ハイ・ダイナミックレンジ(HDR:high dynamic range)ならびに広色域(WCG:wide color gamut)を実現できるようになる。

 

VESAのエグゼクティブ・ディレクター Bill Lempesis氏は次のように語っている。「今日のデバイスには、より優れた画像表示機能、よりリッチな視覚体験を提供する次世代製品を可能にすることが求められています。シノプシス社は、VESAの標準化活動に積極的に参画してくださっており、ディスプレイ・エコシステムの企業に、VESA DSC規格の採用とインターオペラビリティの確立の支援をしてくれています。同社が提供するDSC IPにより、設計者は、よりパワフルでハイエンドのディスプレイSoCの開発が可能となりました」

 

DesignWare VESA DSC IPを活用することにより、既存のSoCアーキテクチャに再設計を加えることなくピクセルのスループットを向上させることができる。このIPのシングル・インスタンスは、HDMI、DisplayPort、MIPI DSIインターフェイスで共有できるため、これまで以上に消費電力や面積を削減することができる。コンフィギュラビリティが高く、最大16のパラレル・スライスにリアルタイム分割して圧縮したデータを転送することが可能になるため、開発対象のアプリケーションで求められる高い画像表示性能を達成することができる。また、動画ならびに静止画のインターフェイス・データ・レートならびに動画のバッファ・サイズを削減できるため、長時間のバッテリー駆動を実現できる。

 

シノプシス IPマーケティング担当副社長 John Koeterは次のように述べている。「設計者は、今日の超高解像度ビジュアル・コンテンツに対応するために、高いリフレッシュ・レートと広い色域を持った次世代ディスプレイ機能を実現できる高度に複雑なSoCを提供していかなければなりません。DesignWare HDMI 2.1、DisplayPort、MIPI DSI IPと協調動作するDesignWare VESA DSC IPにより、設計者の皆様は開発対象のSoCに完全なディスプレイ機能を組み込むための開発リスクを抑えつつ、差別化された多機能なマルチメディア製品を提供することが可能となります」

 

提供可能時期ならびに関連情報

DesignWare VESA DSC Encoder and Decoder、HDMI 2.1、DisplayPort、MIPI DSI IPは、既に提供を開始している。VESA DSCをサポートしたDisplayPortのVC VIPも、既に提供を開始している。

 

DesignWare IPについて

シノプシスは、システムオンチップ向けの高品質かつシリコン実証済みIPのリーディング・プロバイダである。シノプシスの多岐にわたるDesignWare IP群は、ロジック・ライブラリ、組込みメモリー、組込みテスト、アナログIP、有線・無線通信向けインターフェイス(業界標準プロトコル)IP、セキュリティIP、組込みプロセッサ・コアとそのサブシステムで構成されている。IPに関連するソフトウェア開発とハードウェア/ソフトウェア統合を容易にするため、シノプシスのIP Acceleratedイニシャティブは、IPプロトタイピング・キット、IP向けソフトウェアの開発キット、IPサブシステムを提供している。DesignWare IPは、信頼性の高い開発手法、品質確保のための巨額の投資の所産であるだけでなく、包括的な技術サポートとともに提供されているため、設計者は、IPのSoCへの統合リスクを最小化し、最終製品の市場投入までにかかる期間を短縮することができる。

詳細情報はhttps://www.synopsys.com/designwareより入手可能。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

 

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941