ニュースリリース- 2020年2月25日

シノプシス、3.2Gbps動作のシリコン実証済みHBM2E PHY IPの提供を開始

TSMC社 7nmプロセスのDesignWare HBM2E PHY IPが最先端のグラフィック/高性能コンピューティング/ネットワーキングSoCで高いスループットを実現

 

概要

  • TSMC社 7nmプロセスのDesignWare® HBM2E PHY IPが、低消費電力/低レイテンシで総計409 Gbpsのメモリー帯域を提供

  • IPならびにHBM2E SDRAMを2.5Dパッケージングで統合し、TSMC社のCoWoS®テクノロジで検証済み

  • シノプシスが提供するHBM2/2E IPソリューションとハードニング支援により、ユーザー各社固有の高性能アプリケーションが実現可能に

 

2020年2月25日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 -シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、最先端のグラフィック/高性能コンピューティング/ネットワーキングSoCで高いスループットの実現を支援する3.2Gbpsギガビット/秒(Gbps)動作のシリコン実証済みHBM2E PHY IPの提供開始を発表した。TSMC社の最先端パッケージング・テクノロジ Chip-on-Wafer-on-Substrate(CoWoS)で検証済みのシノプシスのDesignWare HBM2E PHY IPは、JEDEC HBM2E SDRAM規格に準拠したマイクロバンプ・アレイにより、最短の2.5Dパッケージ配線と最高品質なシグナルインテグリティを実現する。

 

HBM2E PHY IPは、総計409 Gbpsのメモリー帯域を提供することにより、最先端のFinFETプロセスを用いたSoCに期待されている高度なコンピューティング性能を引き出すことができる。HBM2E IPは、数百万個集荷されている数百種ものSoCで実証済みのDDR5/4/3/2ならびにLPDDR5/4/3/2 IPを始めとする包括的なメモリー・インターフェイスIPソリューション・ポートフォリオの一部である。

 

SK hynix社 HBM Product Champion and Head of DRAM Design 上級副社長 Jun Hyun Chun氏は次のように語っている。「当社は、半導体製造ビジネスをグローバル展開するリーディング・カンパニーとして、より大規模な処理容量と高速な性能を実現する堅牢なDRAM製品を厳格な品質管理の元に提供していくために、巨額の開発投資を行っています。当社は、シノプシス社のDesignWare HBM2E IPとの完全なインターオペラビリティを確保し、かつ完全なテストを実施済みの高性能なHBM DRAMソリューションをお客様にご提供すべくシノプシス社と協業を継続しています。これにより、最先端プロセスで製造されるコンピューティング主体のSoCに求められる処理容量/スループット/低消費電力をご提供しています」

 

TSMC社 Design Infrastructure Management Division シニア・ディレクター Suk Lee氏は次のように語っている。「当社はシノプシス社との長年にわたる協業を通じて、当社の先進のプロセス・テクノロジ向けの高品質かつ多岐に渡るDesignWare IP群をご提供してまいりました。これらのIPは、さまざまなアプリケーション向けのSoCに組み込んでご使用いただけます。当社が業界をリードするN7プロセス・テクノロジならびにCoWoSパッケージング・テクノロジと、シノプシス社のシリコン実証済みDesignWare HBM2E IPの組み合わせにより、お客様各社では、デザインを最短期間でシリコンならびにパッケージに実装でき、実装リスクの最小化と歩留まりの向上を実現可能となります」

 

シノプシス IPマーケティング&ストラテジ担当上級副社長 John Koeterは次のように述べている。「高性能コンピューティング向けSoCには、大量の画像やマシンラーニング・アルゴリズムの処理に伴う膨大な量のデータ転送を可能にするため、これまで以上に大きなメモリー帯域が求められています。当社はメモリー・インターフェイスIPのリーディング・プロバイダであり、最高水準の性能/低消費電力/小面積を実現できるシリコン実証済みの各種DesignWare Memory Interface IPソリューションをご提供しています。これにより、最も困難なスループットの目標の達成を可能にしています」

 

提供可能時期ならびに関連情報

DesignWare HBM2/2E IPソリューションは、既に提供を開始している。

詳細はDesignWare HBM IP web pageより入手可能。

 

DesignWare IPについて

シノプシスは、システムオンチップ向けの高品質かつシリコン実証済みIPのリーディング・プロバイダである。シノプシスの多岐にわたるDesignWare IP群は、ロジック・ライブラリ、組込みメモリー、組込みテスト、アナログIP、有線・無線通信向けインターフェイス(業界標準プロトコル)IP、セキュリティIP、組込みプロセッサ・コアとそのサブシステムで構成されている。IPに関連するソフトウェア開発とハードウェア/ソフトウェア統合を容易にするため、シノプシスのIP Acceleratedイニシャティブは、IPプロトタイピング・キット、IP向けソフトウェアの開発キット、IPサブシステムを提供している。DesignWare IPは、信頼性の高い開発手法、品質確保のための巨額の投資の所産であるだけでなく、包括的な技術サポートとともに提供されているため、設計者は、IPのSoCへの統合リスクを最小化し、最終製品の市場投入までにかかる期間を短縮することができる。

詳細情報はhttp://www.synopsys.com/designwareより入手可能。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941