ニュースリリース - 2021年1月12日

ニュースリリース - 2021年1月12日

シノプシスとソシオネクスト、5nmプロセスのAIならびに高性能コンピューティング向けSoCへのHBM2E IPの採用で協業を拡張

ソシオネクストの高性能なAIエンジンならびにアクセラレータの開発に向け多岐にわたるDesignWare IP群の活用実績を踏まえ協業を拡大

 

2021年1月12日 カリフォルニア州マウンテンビュー/神奈川県横浜市発 -シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)ならびに株式会社ソシオネクスト(Socionext Inc.)は本日、ソシオネクストによる多岐にわたるDesignWare® IPの活用に関する協業の拡大を発表した。AIならびに高性能コンピューティング向けSoCでメモリー処理能力を最大化するため、シノプシスのDesignWare HBM2E IP活用する。ソシオネクストは、革新的なAIエンジンならびにアクセラレータSoCに求められる処理容量、消費電力、処理性能の厳しい目標を達成するため、3.6Gギガビット/秒(Gbps)で動作するシノプシスのHBM2E IPを採用した。HBM2E IPは、最短の2.5Dシリコン・インターポーザ・パッケージ配線により、効率的な異種チップ統合 (ヘテロジニアス・インテグレーション) を実現する。

株式会社ソシオネクスト オートモーティブ&インダストリアルビジネスグループ 副グループ長 林 豊は次のように語っている。「当社は、他社との差異化を実現する機能を搭載したSoCソリューションをグローバルに展開して業界をリードしており、常に厳しい開発スケジュール要求に直面しています。シノプシス社のDesignWare HBM2E IPとフルシステムのマルチ・ダイ設計プラットフォームを活用することにより、5nm FinFETプロセスを用いた高性能、大容量、低消費電力な世界クラスのSoCを提供することができます。また、HBM3をはじめとする次世代のDesignWare IPソリューションの活用でもシノプシス社との協業を継続しています」

HBM2E PHY IPは、総計460ギガバイト/秒(GBps)のメモリー帯域により、最先端のFinFETプロセスを用いたSoCに期待される高度なコンピューティング性能を引き出すことができる。HBM2E IPは、すでに数百万個が出荷されている数百種ものSoCで実証済みのDDR5/4/3/2ならびにLPDDR5/4/4X/3/2 IPを始めとする包括的なメモリー・インターフェイスIPソリューション・ポートフォリオの一部である。

シノプシス IPマーケティング&ストラテジ担当上級副社長 John Koeterは次のように述べている。「当社はメモリー・インターフェイスIPのリーディング・プロバイダとして、ソシオネクスト様のようなイノベーティブな開発企業各社に、最先端の高性能コンピューティングSoCで求められる高度な低消費電力/メモリー転送容量に対応できるHBM2/2E IPソリューションをご提供しています。量産デザインでの25件を超す採用実績を持ち、実チップで実証済みのDesignWare HBM2/2E IPをご活用いただく事により、開発リスクを抑制しつつ確信を持ってこのIPをSoCに統合し、より短期間でのシリコン完動を達成することが可能となります」

 

提供可能時期ならびに関連情報

16nmから5nmまで多岐にわたるプロセス・テクノロジーに対応したDesignWare HBM2/2E IPソリューションは、既に提供を開始している。

  • DesignWare HBM2/2E IPの詳細は下記より入手可能。

https://www.synopsys.com/dw/ipdir.php?ds=dwc_hbm2

  • マルチ・ダイのパッケージ統合を実現するエンドトゥエンドの統合設計プラットフォーム  3DIC Compilerの詳細は下記より入手可能。

https://www.synopsys.com/ja-jp/implementation-and-signoff/3dic-design.html

 

DesignWare IPについて

シノプシスは、システムオンチップ向けの高品質かつシリコン実証済みIPのリーディング・プロバイダである。シノプシスの多岐にわたるDesignWare IP群は、ロジック・ライブラリ、組込みメモリー、組込みテスト、アナログIP、有線・無線通信向けインターフェイス(業界標準プロトコル)IP、セキュリティIP、組込みプロセッサ・コアとそのサブシステムで構成されている。IPに関連するソフトウェア開発とハードウェア/ソフトウェア統合を容易にするため、シノプシスのIP Acceleratedイニシャティブは、IPプロトタイピング・キット、IP向けソフトウェアの開発キット、IPサブシステムを提供している。DesignWare IPは、信頼性の高い開発手法、品質確保のための巨額の投資の所産であるだけでなく、包括的な技術サポートとともに提供されているため、設計者は、IPのSoCへの統合リスクを最小化し、最終製品の市場投入までにかかる期間を短縮することができる。

詳細情報はhttps://www.synopsys.com/ja-jp/designware-ip.htmlより入手可能。

 

ソシオネクストについて

株式会社ソシオネクスト(Socionext Inc.)は、SoC(System-on-Chip)の設計・開発および販売を事業とするグローバル企業です。コンシューマ、オートモーティブおよびインダストリアル分野における世界トップレベルの技術を核に、今日のさまざまなアプリケーションの進化を支えます。長年培った技術力と経験、さらに豊富なIPラインナップをベースに卓越したソリューションを提供し、人々の豊かな体験 = “better quality of experience”の実現に貢献します。2015 年に設立された株式会社ソシオネクストは横浜市に本社を置き、日本国内、アジア、米国およびヨーロッパの各拠点において製品開発および販売活動をグローバルに展開しています。詳しくは www.socionext.com/jp をご覧ください。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

株式会社ソシオネクスト 経営企画室

TEL:045-568-1006  https://www.socionext.com/jp/contact/

 

日本シノプシス合同会社 

フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL:03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941