ニュースリリース - 2020年10月12日

ニュースリリース - 2020年10月12日

シノプシス、SoCやシステムの実態を見抜く力を新たな次元まで高める 業界初のSilicon Lifecycle Managementプラットフォームを提供

各種データ解析を基にしたプラットフォームにより、性能/信頼性/機能安全/セキュリティに関わる重要な改善点を特定可能に

 

概要

  • チップやシステムの複雑化や高性能/高信頼性への要求の高まりにより、シリコン製造後も継続的な解析/保守/最適化の必要性が増加
  • シリコン・ライフサイクルの全てのフェーズを最適化するためのオンチップ・モニターやセンサーのデータ解析を通じ、ライフサイクル・ループを創るシノプシスのSLMプラットフォーム
  • 特にデータセンターや自動車などの業界では、性能/信頼性/機能安全の改善によって得られる利益は数十億ドルに達すると見積もられている
  • チップならびにシステム設計、検証、テスト、設計用IP、長年にわたる製造工程との連携で業界をリードしてきたシノプシスの技術を足場として、新たな収益源を確保可能に

 

2020年10月12日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、業界のリーディング・カンパニーの位置づけをシリコン・ライフサイクル全般に拡張する取り組みの一環として、Silicon Lifecycle Management(SLM)プラットフォームを発表した。これは、設計フェーズからエンドユーザーの使用段階までをカバーしたSoC最適化を可能にする、業界初の各種データ分析ベース・ソリューションである。SLMプラットフォームは、シノプシスが業界をリードするFusion Design Platformと緊密に連携しており、チップのライフ・スパン全体に渡って潜在する性能/信頼性/セキュリティ上の重大な問題点を可視化する。これにより、SoC開発企業とその顧客に新たなレベルの知見がもたらされるとともに、チップやシステムのライフサイクルの各ステージで最適な措置を講じる能力が提供されることになる。

シノプシス COO Sassine Ghaziは次のように述べている。「多岐にわたる他の業界と同様に、半導体業界でも、システムレベルの開発段階も含めてエレクトロニクス機器開発のバリュー・チェーンを横断した効率性を達成するため、その製品や技術に関する実地に基づいたデータをより有効に活用すべき段階に入っています。SoC開発における当社の中核的な専門技術をベースにしたSLMプラットフォームは、SoCの設計/製造/使用というライフサイクル全体に範囲を拡張した製品最適化能力を提供するゲームチェンジングな手段をご提供します」

 

今日のエレクトロニクス・システムは複雑化を極めており、品質や信頼性の確保は非常に困難なものとなってきている。また、あらゆる点で性能劣化の許容範囲は狭まっており、かつ機能安全やセキュリティ確保の要請にも応えなければならないという現状も相まって、シリコン・チップを用いたシステムがどうのように開発され、使用され、保守されるかという観点から対処できる新しいアプローチが求められている。データセンターやネットワーク機器といったキー・アプリケーション分野においては、性能や消費電力の改善によってもたらされる収益機会やコスト削減の可能性は数十億ドルにも昇ると見積もられている。こうした利益は、チップならびにシステムの開発から使用段階までのライフサイクルの各段階で適切に管理がなされ、全てのフェーズで最適な対処を確実に実施することによって実現することが可能となる。

 

Semico Research社 ASIC & SoC主席マーケット・アナリスト Richard Wawrzyniak氏は次のように語っている。「チップやシステムの重大な問題にどう対処するかということは、数十億の利益機会をどうするかという問題に他なりません。そして、それは製品をテープアウトしたら終了するという問題ではないのです。SoCがどのように設計され、組み込まれ、使用されるかという観点から包括的に問題点を見つけていくための新しい手法が必要とされています。チップのライフ・スパン全体を通じてデバイス・データにアクセスでき、特殊な解析技術を用いて“生涯に渡って”継続的なフィードバックとそれに基づく最適化処理を施していくことによって、あらゆる業界のシステム・メーカーが直面している半導体チップに関連した品質とセキュリティの問題に対処できる効率的かつ効果的な道が拓けるのです」

 

本日、今後2年間の開発ロードマップと併せて発表されたSLMプラットフォームは、システム上のチップから得られる有益なデータを可能な限り多く取得すること、それらのデータを製品ライフサイクル全体を通じて分析してチップやシステムの動作を改善するために取り得る手段についての知見を得ること、という2つの基本原理に基づいて開発されている。第一原理は、チップに組み込まれたモニターやセンサーから各チップの動作状況を詳細に把握し、テストやプロダクト・エンジニアリングを通じて得られたデータを取り込んでいくことで実現する。そして広範囲にわたるデータの文脈や状況を考慮して問題個所を評価する。第二原理は、有効なチップ・データに適切な解析エンジンを適用し、半導体チップの設計段階から始まり、製造、製品テスト、製品化を経て、実際の使用に至るまでのチップ・ライフサイクルの各ステージで最適な処理を施していく。

 

シノプシスのSLMプラットフォームについての詳細な説明は、現在アーカイブ公開中のSynopsys Digital Design Technology SymposiumのSilicon Lifecycle Managementトラックで視聴可能となっている。

また下記サイトからも詳細情報は入手可能である。

https://www.synopsys.com/solutions/silicon-lifecycle-management.html

https://blogs.synopsys.com/from-silicon-to-software/2020/10/12/silicon-lifecycle-management/

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、ソフトウェア品質/セキュリティ・ソリューションの分野でも業界をリードしており、世界第15位のソフトウェア・カンパニーとなっている。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、最高レベルの品質とセキュリティが要求されるアプリケーション・ソフトウェアの開発者に、高品質で信頼性の高い革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940                  FAX: 03-6746-3941