ニュースリリース - 2021年4月5日

ニュースリリース - 2021年4月5日

シノプシス、実行性能と拡張性の大幅な向上により ハードウェア・ベース検証ソリューションでのリーダーシップを強化

プロトタイピング・パフォーマンスが2倍、デバッグ・パフォーマンスが4倍向上するHAPS-100が複雑なSoCのソフトウェアならびにハードウェアの検証を支援

 

概要

  • 業界最高性能:複雑なSoCを20-50MHz、インターフェイスIPを最大500MHzでシステム検証でき、ソフトウェア開発の短期化も実現
  • 業界最高のデバッグ効率:サンプリング信号の量が4倍、デバッグのためのデザインのバッファリング転送速度も4倍に向上する革新的なシステム・アーキテクチャ
  • マルチ・デザイン、マルチ・ユーザーの並列実行を可能にするHAPS Gatewayソフトウェアにより、開発拠点ならびにエコシステムの高い拡張性を実現
  • 実績豊富なダイレクト・コネクト・アーキテクチャにより、プロトタイプ開発を支援する業界最大のエコシステムとインターフェイス・カード・ポートフォリオを活用可能

 

2021年4月5日 カリフォルニア州マウンテンビュー発 - シノプシス(Synopsys, Inc.、Nasdaq上場コード:SNPS)は本日、業界最高性能、業界最高のデバッグ効率、比類なき拡張性でソフトウェア開発とシステム検証の短期化を実現するパワフルで革新的な最新のFPGAプロトタイピング・ソリューション HAPS®-100を発表した。シノプシスのVerification Continuum® Platformの一翼を担うHAPS-100を活用することにより、設計者、ソフトウェア開発者、検証エンジニアは、マルチ・デザイン、マルチ・ユーザーの並列実行を可能にするHAPS Gatewayを通じて、いかなる場所からでも開発に取り組むことが可能となり、開発効率を最大限に高め、開発コストを削減することが可能となる。

 

エレクトロニクス企業は、SoCとソフトウェアの複雑化がますます進む中で開発期間を短縮しなければならないというプレッシャーに直面し続けている。この状況を打開するためには、デバック効率が高く、分散した開発拠点間やエコシステム・パートナーと連携し易く、実行性能がこれまで以上に高速なプロトタイピング・システムが必要となる。5G、AI、車載システム、GPUなどのSoC開発者は、20-50MHzものスピードでプロトタイピングを実行でき、他のソリューションと比べて10倍高速なHAPS-100を活用することにより、開発プロセスを前倒しし、製品の市場投入までにかかる期間を短縮することができる。

 

シノプシス ベリフィケーション・グループ ジェネラルマネージャー Manoj Gandhiは次のように述べている。「ソフトウェア開発と最先端SoCデザインのシステム検証を早めたい開発者の皆様からのHAPSへの要求は高まる一方です。HAPS-100のアーキテクチャならびにソフトウェアは、当社が業界をリードするテクノロジを基に、先進のお客様各社との緊密な協業を通じて構築されており、実行性能、デバッグ効率、開発拠点ならびにエコシステム企業間の連携といった点でブレイクスルーとなるソリューションです。これにより開発者の皆様は、イノベーションの加速が可能となります」

HAPSの特長の一つに柔軟性の高いダイレクト・コネクト・アーキテクチャがある。これにより開発者は、プロトタイプ開発を支援する業界最大のエコシステムとHAPSインターフェイス・カード・ポートフォリオを活用可能となっている。またHAPSのプロトタイピング・ソフトウェアは、シノプシスの20年以上に及ぶFPGAシンセシス技術の蓄積を基に開発されており、ダイレクト・コネクト・アーキテクチャ向けのタイミング最適化機能により最高のパフォーマンスを提供する。さらにシノプシスが提供しているDesignWare® IP Prototyping Kitsを活用することにより、各種IPの統合、ソフトウェア開発、システム検証のスピードを加速し、インターフェイスIPを最大500MHzでシステム検証することが可能となる。

 

Nvidia社 ハードウェア開発担当シニア・ディレクター Narendra Konda氏は次のように語っている。「我々は、GPU、AI、ADAS向けの最先端イノベーションの創出に取り組んでいます。当社では、マーケット・ニーズが最も高いGPUの開発全般にわたってHAPS-100を活用しており、当社のソフトウェア開発部門では、実チップ完成前段階でのソフトウェア開発を最短期間で実行することができました」

 

Furiosa社 CEO June Paik氏は次のように語っている。「非常に競争の厳しいAIマーケットでは、クラウドAIアプリケーション向けの最新アーキテクチャを迅速に開発し、それを実証して見せることが非常に重要となります。HAPS-100の性能は抜きんでており、当社のハードウェア設計者やソフトウェア開発者にとっては当然の選択肢でした。クラウドAIアプリケーション向けの当社の新しいシステム・アーキテクチャに関心をお持ちの半導体各社ならびにシステム・メーカー各社とのエンゲージメントを進めていくために、当社は、HAPSとそのエコシステムを世界規模で展開していきます」

 

提供開始時期ならびに関連情報

FPGAベース・プロトタイピング・システム HAPS-100は既に提供を開始している。

詳細はhttps://www.synopsys.com/verification/prototyping/haps/haps-100.htmlより入手可能。

 

シノプシスについて

Synopsys, Inc.(Nasdaq上場コード:SNPS)は、我々が日々使用しているエレクトロニクス機器やソフトウェア製品を開発する先進企業のパートナーとして、半導体設計からソフトウェア開発に至る領域(Silicon to Software)をカバーするソリューションを提供している。電子設計自動化(EDA)ソリューションならびに半導体設計資産(IP)のグローバル・リーディング・カンパニーとして長年にわたる実績を持ち、業界で最も広範囲をカバーしたアプリケーション・セキュリティ・テスティング・ソリューションならびにサービスを提供しているS&P 500カンパニーである。シノプシスは、最先端の半導体を開発しているSoC(system-on-chip)設計者、よりセキュアでハイ・クオリティなコードを開発しているソフトウェア開発者に、革新的製品の開発に欠かせないソリューションを提供している。

詳細情報は、https://www.synopsys.com/ja-jpより入手可能。

# # #

 

Synopsysは、Synopsys, Inc.の登録商標または商標です。

その他の商標や登録商標は、それぞれの所有者の知的財産です。

 

<お問い合わせ先>

 

日本シノプシス合同会社 フィールド・マーケティング・グループ 藤井 浩充

TEL: 03-6746-3940