通信ネットワーク・プロセッサ向けIP

クラウド・コンピューティング通信ネットワーク・プロセッサ

通信サービス・プロバイダーは、ネットワークのパケット処理を最適化するための効率性、柔軟性、アジリティの向上を求めて、サーバー仮想化の方向に向かっています。 最新の通信アーキテクチャでは、Open vSwitch(OVS)オフロード、Data Plane Development Kit(DPDK)、ネットワークのオーバーレイ型仮想化、SR-IOV、RDMAを利用してソフトウェア定義データセンターとNFV(Network Functions Virtualization:ネットワーク機能仮想化)を実現し、通信インフラストラクチャを加速しています。 通信ネットワーク・プロセッサは、OVSオフロードを高速化して効率とセキュリティを向上させることにより、ホスト・プロセッサでOVSを実行する場合より高いパフォーマンスを実現できます。シノプシスは、DDR、HBM2/2E、最大800Gリンクに対応する112Gイーサネット、キャッシュ・コヒーレンシに対応するCXL、最大32GT/秒のデータ転送速度をサポートするPCI Expressなどの高速インターフェイスIP製品群をご提供しています。DesignWare Security IPは最高レベルのセキュリティ暗号化を可能にし、組み込みARCプロセッサはスループットとQoS要件を満たす高速でエネルギー効率の高いソリューションを提供します。シノプシスのファウンデーションIPは、低レイテンシーの組み込みメモリーと幅広いクラウド・プロセッサに対応する標準の超低リーケージ・ライブラリを提供します。

DesignWare IP for Communications Network Processors

ハイライト