ウェアラブル・フィットネス/ヘルス向けDesignWare IP

ウェアラブル・フィットネス/ヘルス向けDesignWare IP

概要

ウェアラブル・デバイスにより、周囲の環境との関わり方や個人の健康管理の方法が劇的に向上すると予想されます。ウェアラブル・デバイスの必要な情報や動作を確保するためには、高精度、高効率で革新的なセンシングが基本になります。その対象例として睡眠パターン、走行距離、心拍数、血糖値、酸素含有量、血圧などが挙げられますが、まだ想像していないものも含めて他にも対象は無数にあります。

こうしたウェアラブル・アプリケーションに対応するSoCでは、省スペースと高いパフォーマンス効率を実現する堅牢なIPソリューションが必要です。 

マウスカーソルを合わせるか、タップすると、DesignWare IPソリューションの詳細が表示されます

セキュリティ

  • 鍵暗号コア、公開鍵アクセラレータ、TRNG
  • セキュリティ・プロトコル・アクセラレータとコプロセッサ
  • ハードウェアのセキュアなRoot of Trust環境を確立する組み込みセキュリティIPモジュール
  • セキュアなブートおよび暗号用ミドルウェア
  • 詳細はこちら >>

I3C

  • 最新のMIPI I3C規格に準拠
  • I2Cスレーブ・デバイスとの下位互換性
  • 最大26.7 Mbpsまでのすべてのデータ転送速度に対応
  • 2ワイヤ・インターフェイス内のインバンド・インタラプト
  • 詳細はこちら >>

データ・フュージョン・サブシステム

  • RISCおよびDSPによる処理を必要とするバッテリ駆動デバイスに最適なARC EMxD
  • センサー・フュージョンや常時オンのオーディオ、音声、画像処理に対応したデータ・フュージョン・サブシステム
  • 密結合デジタル/アナログ・センサーに対応
  • 密結合の再書き込み可能なNVMに対応
  • 詳細はこちら >>

EEPROM

  • シングルコア電圧供給で動作するEEPROM
  • >最大10,000回の高い書き込み耐久性
  • 誤り検出訂正(ECC)機能の統合
  • ユーザー・コンフィグレーション、キャリブレーション、セキュリティのデータ保存に好適
  • 詳細はこちら >>

SRAM

  • 省電力モードを備えた高密度低リーク・メモリー
  • 超低電圧動作
  • リークパワーの70%削減を実現するディープスリープ・モード
  • アクティブ・リークパワーを削減する長チャネル・デバイス
  • 詳細はこちら >>

ROM

  • 超低消費電力の非シグネチャ型ROM
  • リークパワーを最大20%削減
  • 詳細はこちら >>

Bluetooth Low Energy

  • リンク層と物理層(PHY)
  • 1ボルト未満の電圧供給で動作
  • 統合型セキュリティ機能
  • 最新のBluetooth low energy規格に対応
  • 詳細はこちら >>

ロジック・ライブラリ

  • 静的電力を削減する「常時オン」の厚酸化膜Trライブラリ
  • 動的電力の削減と省面積を実現するマルチビット・フロップ
  • コア・リークパワーを最小化するPower Optimizartion Kit
  • 超低電圧動作(公称電圧を40%下回る)
  • 詳細はこちら >>

AMBA

ハイライト:

  • スリープ状態時に常時オン・ウェイクアップ回路のリークパワーを最小化する「常時オン」の厚酸化膜Trロジック・ライブラリ
  • 公称電圧を60%下回る低電圧にも対応する超高密度ロジック・ライブラリ
  • クロックの読み込み、面積、リークパワーを最小化して動的/静的電力の向上を実現するマルチビット・フロップ
  • 最適な性能を維持しながら電力消費量を最低限に抑えることが可能なDesignWareロジックライブラリ向けPower Optimization Kit(POK)
  • 高度なパワー・マネージメント機能を備え、0.9Vで動作するシングルピン1本による制御でリークパワーを最大70%削減可能なメモリー・コンパイラ
  • 超低消費電力の非シグネチャ型ROMによりリークパワーを最大20%削減
  • 性能の向上とコード・サイズの削減を可能にする密結合メモリーとセンサー・インターフェイス・ペリフェラルとハードウェアアクセラレーターによりセンサーおよびコントロールIPサブシステムで大幅な省面積と低レイテンシーを実現
  • 業界の主要なオンチップの実装を超える、最大14ビットの解像度と5MSPSの変換レートを実現するADC
  • コンフィギュラブルで拡張性の高いアーキテクチャを備えた、電力・面積効率の高いARC EMプロセッサ 音声とセンサーの融合などの機能をはじめとする高度な組み込み用途に最適
  • コンパクトなBluetooth low energy向けリンク層および物理層(PHY)は、接続範囲がより広く、バッテリ駆動時間がより長いセキュアなワイヤレス接続を実現でき、ウェアラブル機器やスマートホームなどに最適
  • 進化する脅威から保護する公開鍵アクセラレータ、真性乱数生成回路、セキュリティ・プロトコル・アクセラレータ、セキュアRoot of TrustなどのセキュリティIP