Synopsys シノプシスのTweaker

Tweaker

Tweakerがシノプシスのサインオフ・プラットフォームの一部に

Tweakerソリューションは柔軟性の高いフロー制御と統合型GUIを備えた業界初で唯一の完全なECOプラットフォームであり、ECOフレームワークの容量と複雑さの問題に単一マシンで対処します。

全てがインクリメンタル

Tweakerは、ECOツールとしてインクリメンタルかつ局所的に設計を最適化することができ、パフォーマンスへの影響を最小限に抑えます。機能ECO、タイミングECOのいずれでも、Tweakerは「ECOドメイン」と呼ばれる設計の重要部分のみに焦点を当てるため、大規模なデザインを短時間で処理できます。

あらゆるサインオフ・シナリオをカバーするTweaker

タイミングとパワーの最適化ツールには、基本的なECO機能としてMMMC(マルチモード、マルチコーナー)のサポートが必要です。TweakerのECOに特化したアーキテクチャは、MMMCサポートをさらに進化させ、「ECOドメイン」のみに焦点を当てつつ、あらゆるサインオフ・シナリオに対応します。容量とランタイムの問題により、配置配線ツールでは多くの場合、すべてのサインオフ・シナリオを処理することはできませんが、TweakerはECOの段階で、あらゆるサインオフ・シナリオを範囲に入れてタイミング違反を修正し、リーケージ/ダイナミック・パワーを最適化することができます。

フィジカルを考慮したECO

Tweakerは、MMMCのサポートに加え、正確なRCとタイミングの推定に不可欠なフィジカルの考慮で高く評価されています。フィジカルを考慮しない他のタイミングECOソリューションと比べて、Tweakerはフィジカル情報を解析および適用する機能によりECOのイタレーション回数を削減できます。TweakerのマニュアルECOモードでは、ユーザーは入力されたフィジカル・レイアウトを表示して、最適なECOセルの位置を選択することができます。Tweakerでフィジカル情報を共有することにより、設計プロジェクトのロジック・チームとフィジカル・チーム間の連携が円滑になります。

主な特長

  • イタレーションの削減とECO実行のスピードアップ
  • ライセンス数の削減とチームの連携
  • 単一マシンでのチップレベルECO
  • エンジニアの作業量を削減
  • ECOのニーズに合わせてフローをカスタマイズ
  • あらゆる種類のインクリメンタルな変更のソリューションが対象
  • 詳細かつ広範囲なソリューション
  • 完全にフィジカルを考慮
  • 消費電力と面積をインクリメンタルに最適化
  • 汎用性の高い柔軟なECO手法