RTLからサインオフまでのパワー解析 - PrimePower

PrimePower

RTLからサインオフまでのパワー解析

シノプシスのPrimePowerファミリーは、RTLから始まり、インプリメンテーションのさまざまな段階、パワー・サインオフに至るまで、ブロックレベルおよびフルチップ設計の正確なパワー解析を可能にします。

PrimePower RTLは、シノプシスのRTL Architect™の予測エンジンを活用して、RTL段階でのブロック、サブシステム、フルSoCの早期解析のための高速でスケーラブル、かつ高精度なパワー予測を行います。PrimePower RTLを使用すると、RTLの解析、検討、最適化がより確実になり、電力およびエネルギー効率の向上と設計サイクルの短縮を実現できます。

インプリメンテーションとサインオフの段階で、PrimePowerはSoC設計者が迅速に設計を最適化し、消費電力の目標を達成するための正確なゲートレベルのパワー解析レポートを提供します。シミュレーション、エミュレーションからのRTLおよびゲートレベルのベクター、およびベクターレス解析結果を用い、平均電力、ピークパワー、グリッチパワー、クロックネットワーク・パワー、ダイナミックパワー、リークパワー、多電源などの電力解析を行います。タイミング/シグナルインテグリティ解析とサインオフのための業界標準であるPrimeTimeとの緊密な統合により、PrimePowerはPrimeTimeソリューションを拡張し、ゲートレベル設計のダイナミックパワー、リークパワーの正確な解析とサインオフを行います。

RTL段階でのパワー予測 – PrimePower RTL

  • シミュレーション、エミュレーションからのRTLベクターと、ベクターレスwhat-if解析
  • RTL段階の平均/ピーク/グリッチ/クロック/ダイナミック/リーク/多電源電力のパワー解析とレポート生成
  • クロック・ゲ―ティング、メモリ、データパス、グリッチパワーの検討とガイダンス
  • フィジカルを考慮した、サインオフフローにおける一貫性の高い電力予測結果
  • デバッグおよび波形のグラフィカルな表示

ゲートレベルのパワー解析とゴールデン・パワー・サインオフ - PrimePower

  • 平均電力、目標電力のベクターレスwhat-if解析
  • シミュレーション、エミュレーション結果からのRTLおよびゲートレベルのベクターの同時読み取り
  • ゲートレベルの平均/ピーク/グリッチ/クロック/ダイナミック/リーク/多電源電力の解析とレポート生成
  • PrimePower独自のactivity delay shifting機能による早期段階でのグリッチ解析、ピークパワー解析、IRプロファイリング
  • インプリメンテーション時のパワーリカバリーとECOサインオフのための、グリッチを考慮したSAIFファイル生成
  • Ansys® RedHawk™のIRドロップ解析用にIPFファイル、STAファイル、グリッチを考慮したFSDBファイルを効率的に生成
  • セルレベルのEM、コンテキストを考慮したリークパワー、CCSのサポートなど、先進のノード解析とサインオフ
  • デバッグおよび波形のグラフィカルな表示