光学技術セミナー


シノプシスでは、光学製品の技術講演を開催しております。下記に記載の開催予定のセミナーからぜひお気軽にお申込みください。



光学技術セミナー(Tech Talk)

講演名:LightTools Tech Talk 2022.07

~計算時間短縮に有効なDSIMモジュール、散乱のシミュレーション精度を高めるSmartStartLibraryモジュールのご紹介~

2022年7月8日(金)
11:00~12:00(日本時間)

開催方式:オンライン(Zoom配信)

【講演概要】

光学シミュレーションソフトウェアにおいて解析時間の短縮は常に課題として存在しています。

シミュレーションや迷光解析、最適化に要する時間を大幅に短縮することは光学設計者の製品設定サイクルの短縮につながります。

本講演では、LightToolsの計算速度を大幅に短縮できるDSIMモジュールと、2022.03でリリースされた拡散特性のライブラリであるSmartStartLibraryモジュールをご紹介します。

SmartStartLibraryとは?:

自動車(ヘッドランプや信号灯)/照明/ディスプレイなどのシステムに有用なプラスチックやガラスの材料および表面散乱の光学測定値のデータファイル群です。

実測された高精度なデータをLightTools・LucidShapeのシミュレーションにいつでも利用することができます。

SmartStartLibraryの製品概要やその効果の詳細はこちら

【こんな方にセミナー受講をオススメ】

LightToolsをご利用のお客様で、

  • 計算時間を短縮したい方
  • 拡散シートをご利用の方

講演名:CODE V Tech Talk 2022.08

CODE Vによる誤差感度低減設計~新開発のコンストレインツSNAのご紹介~

2022年8月26日(金)
11:00~12:00(日本時間)

開催方式:オンライン(Zoom配信)

【概要】

レンズ開発においては、製造・組み立て誤差の影響による性能劣化は、製造コストや開発期間の増加に繋がる非常に大きな問題です。そのため、光学設計過程で誤差感度低減を図るための様々な工夫が行われます。

本講演では、CODE Vの最適化が備える誤差感度低減のための機能についてご紹介します。コンパクトな非球面レンズに対し大きな効果を発揮する、新しく開発されたコンストレインツSNAの紹介をメインテーマとし、従来機能との違いや設計事例についてご説明します。

【こんな方にセミナー受講をオススメ】

  • 製造誤差による性能劣化にお困りの方
  • 歩留まり向上を目指したレンズ設計を行いたい方


リリースセミナー

現在開催予定はございません。

 


お申込みについて

※現在申込フォーム制作中につき、メールでのお申込みを受け付けております。

上記「申込はこちら」のボタンをクリックするとメーラーが立ち上がりますので、そちらに下記の必要事項を記入し、送信ください。

メーラーが立ち上がらないなど不具合がある場合、次のメールアドレスに必要情報を記入し、送信いただいても申込が可能です。

E-mail:osg_sales_japan@synopsys.com

  • 申込を希望する講演名
  • 参加希望の日程
  • 会社名
  • 会社住所
  • 氏名(フリガナ)
  • メールアドレス


開催概要

  • 開催形式:Zoomを用いたライブ配信方式
  • 参加費:無料

 


注意事項

  • ベンダー様や競合企業様、gmailなどフリーメールでお申込みのお客様は、ご参加をお断りさせていただく場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 日本国内のお客様を対象としております。
  • 本セミナーの録音・録画は一切禁止とさせていただいております。
  • 申込者以外の第三者への視聴URLの転送や共有はご遠慮ください。
  • セミナーの終了時間は、多少前後する場合がございます。あらかじめご了承ください。
  • 講演内容は変更になる可能性もございます。あらかじめご了承ください。

 

ご不明点や疑問点があれば、下記メールアドレスまでお問合せください。

E-mail:osg_sales_japan@synopsys.com


過去開催セミナー