RSoft Photonic Device Tools

RSoft Photonic Device Toolsは、レーザーやVCSELなどのパッシブ/アクティブフォトニック/オプトエレクトロニクスデバイス用のシミュレータと最適化ツールで、業界で最も幅広いラインナップを取り揃えています。

下記のシノプシスの光・半導体設計ツールと統合され、合理的なマルチドメイン連携シミュレーションを実現します。

  • シノプシスのCODE VLightToolsとの連携によるナノテクスチャーの光学構造の厳密なモデリングと回折解析
  • シノプシスのSentaurus TCAD製品との連携による複雑なオプトエレクトロニクス・デバイスのシミュレーション

フォトニックデバイス設計のためのシミュレータと最適化ツールのすべてのラインナップ、およびオプションとユーティリティの詳細については、こちらをご覧ください。

主な特徴

  • 高精度なアルゴリズムにより、迅速なバーチャルプロトタイピングが可能となり、コストと時間のかかる物理的な試作の必要性を減らし、生産性と市場投入までの時間を短縮することができます。
  • "what if"製品シナリオを作成することにより、新製品の発見を支援します。
  • 各アルゴリズムエンジンは共通のCADインターフェースを共有し、ソフトウェアから次のソフトウェアにデザインをインポートすることなく、複数のRSoftパッケージを利用することができます。
  • スクリプトは任意のプログラミング言語で作成可能です。
  • MOSTによる自動パラメータスキャン機能が利用可能です。
  • 各シミュレーションエンジンは個別にライセンス販売されており、ユーザーは自身の業務に関連するものだけを選択することができます。

RSoft製品群の最新ラインナップが最先端のフォトニックコンポーネントおよびシステムの設計を加速させます。