ZeBu Transactor and Memory Model Solutions  

エミュレーション検証用IP(e-zTest )  

シノプシスは、30を超えるアプリケーション固有の検証プラットフォームを対象とするe-zTestファミリを提供しています。これにより、ZeBuシステムでエミュレートしたSoCデザインに対応する包括的なシステムレベルのテスト環境を迅速に構築できます。 シノプシスの検証プラットフォームはPCI Express 3.0、AMBAプロトコル、USB 2.0、MIPI CSI-2およびMIPI DSI、I2C、I2S、ギガビット・イーサネットおよび10ギガビット・イーサネット、デジタル・ビデオ、JTAGなどの一般的なプロトコルに対応しています。

これらの検証プラットフォームに含まれるトランザクタは合成可能なバス・ファンクション・モデル(BFM)を備え、ZeBuリコンフィギュラブル・テストベンチ(RTB)ハードウェアにマッピングされて高性能を実現し、トランザクタとエミュレートしたデザインとの同期を常時確保します。

各検証プラットフォームに搭載されたC/C++ APIを利用して実トラフィックを生成し、ESL仮想プロトタイプにリンクするためのテストベンチやドライバを迅速に作成できます。 データ・モニタ、アプリケーション固有のデバッグ表示ウィンドウ、実際のハードウェアおよびネットワークへの仮想速度アダプタ、データ解析、エクスポートの機能により、テスト結果を迅速かつ効率的に評価できます。

標準のe-zTestプラットフォームを補完するZEMI-3トランザクタ・コンパイラを備えているため、固有の合成可能なZeBu対応カスタム・トランザクタを迅速に生成できます。e-zTest検証プラットフォームはZeBuのインタラクティブな設計デバッグ機能と完全に互換性があり、ダイナミック・プローブとCombinational Signals Accessibility(CSA)により、クロックと波形生成のシングルステップ機能をサポートします。

イン・サーキット・エミュレーションZeBu IP(ICE-ZIP)

シノプシスは、エミュレートしたデザインをターゲット・ハードウェア・システムに接続するためのボードや速度変換アダプタなどのイン・サーキット・エミュレーション(ICE)ZeBu IPも提供しています。 対象インターフェイスには SCSI、ERNI、PCI、DVIビデオ、JTAGポッドなどがあります。

ZeBuはエミュレーションが高速なため、実速度のインタフェースを従来のエミュレーション・システムよりも容易に接続できます。

メモリ・モデル

シノプシスはSDRAM、DDR、DDR2、DDR3、RLDRAM、Mobile DDR、LPDDR2、GDDR5などの標準的なメモリのメモリ・モデルも提供しています。 これらのモデルはオンボード・メモリ・リソースを利用し、エミュレート対象デザインと完全に同期するため、タイミングやリフレッシュ・サイクルの問題が生じません。 さらに、モデルは構成の変更が可能で、異なるメモリ・ファミリ(SDRAMやDDR2など)を同じZeBuハードウェアに実装できます。 モデルを切り替えるのにカードやDIMMの抜き差しは不要です。

提供されている検証用IPの詳細な最新リストについてはお問い合わせください。

カスタム・トランザクタ

独自のカスタム・トランザクタの記述が必要とされる場合には、シノプシスのSCE-MI 2.0と互換性があり、トランザクタ向けに最適化されたサイクル精度のBFMの生成が可能なビヘイビアSystemVerilogコンパイラであるZEMI-3を使用できます。



NewsArticlesBlogsSuccess StoriesWhite PapersVideosTraining Courses