Defensicsファジングテスト

ファジングの効率化。修正の迅速化。リリースをより安全に。

Defensicsは、ソフトウェアのセキュリティ上の脆弱性を効果的かつ効率的に検出し修正を支援する包括的で多機能な自動ブラックボックス・ファジングツール(ファザー)です。

包括的なファジング・フレームワーク

  • この世代のファザーは異常系テストに対象を絞ったインテリジェントなアプローチを採用しています。
  • 高度なファイル・テンプレートおよびプロトコル・テンプレートを利用するファザーにより、ユーザーは独自のテストケースを作成できます。
  • 熟練ユーザーはSDKでDefensicsフレームワークを使用して独自のテストケースを開発できます。

ファジングテストは再び脚光を浴びています

  • 30 years

    実績あるセキュリティおよび品質のテスト手法としてのファジングが選ばれ続けている年数

  • 20.4 billion

    2020年までに使用が見込まれるコネクテッド・デバイスの台数

Defensicsファジング・ソリューションの詳細はこちら

 

あらゆるチームのニーズに適合する多用途のファザー

調達 + -

調達

Defensicsはソースコードを実行する必要のないブラックボックス・ファザーです。Defensicsを使用すると、IT環境や検証環境に導入する前に、ソフトウェアやデバイスの相互運用性、堅牢性、品質、セキュリティを確保するためにサイバー・サプライチェーンを保護できます。

開発 + -

開発

Defensicsは、従来のSDL環境でもCI環境でも、ほぼすべての開発ワークフローに対応します。APIとデータ・エクスポート機能を利用して周囲の技術と統合することも可能で、真のプラグ・アンド・プレイ・ファザーを実現できます。

品質保証

ファジングテストは無限空間の問題に対処することを目的としています。ソフトウェアを不正使用する方法は無限にあります。Defensicsのインテリジェントで対象を絞ったファジング手法により、製品のイノベーションに支障をきたしたり、市場投入までの時間を長引かせたり、運用コストを増大させたりすることなく、ソフトウェアのセキュリティを確保できます。

セキュリティ

ブラックボックス・ファジングは、攻撃者が利用する最大の手法の1つです。Defensicsを利用することで、コストのかかるパッチやリコールを引き起こす前に、ゼロデイおよび未知の脆弱性を発見できます。

ファジングの詳細をご覧ください

ファジングテストの詳細とその必要性についての詳細はこちら

ファジング技術を適切に実行すれば、低コストで効率的に脆弱性を発見でき、手動分析よりも多くのコード・パスと値の反復処理をカバーし、実行も短時間で済みます。"

Bow Sineath

|

Alpha Defense Co.テクノロジー・ディレクター

詳細に関心をお持ちの方は

シノプシスがお客様とお客様のビジネスを支援する方法をご覧ください。