アプリケーション・セキュリティ・テスト

開発からデプロイまで、アプリケーションのセキュリティをSDLCに組み込む

アプリケーションの脆弱性は、ハッカーの第一の標的です。しかし、モダン・アプリケーション開発の複雑さとペースの速さにより、セキュリティ問題の効果的な検出と修正はますます困難になっています。Synopsysでは、アプリケーションのライフサイクルのすべての段階で、独自開発コードとサードパーティー・コードのセキュリティ上の弱点と脆弱性に対処するために必要なツールとサービスをチームに提供します。

すべてに対処できるAppSecツールはありません

うまく対処するには、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)全体で複数のセキュリティ解析技術を統合し、全体的なアプローチを取る必要があります。 

ソフトウェア・コンポジション解析

開発・本番環境でのオープンソースとサードパーティー・コンポーネントのリスクを検出および管理します。 

Software Composition Analysis: Detect and manage open source and third-party component risks in development and production | Synopsys

静的解析

コードの開発段階でセキュリティの脆弱性と品質の問題を発見し修正します。

Static Analysis: Proprietary Code and Frameworks | Synopsys

インタラクティブ解析と動的解析

  • Webアプリケーションにおける悪用可能な脆弱性とデータ保護の問題を特定します。
  • プロトコルとAPIを介して明らかにされた脆弱性を検出します。 
IAST and DAST: detect vulnerabilities in web applications. protcols and APIs | Synopsys

あらゆる角度から自信を持ってセキュリティに取り組む

Software Integrity Group tools and services | Synopsys

あらゆるアプリケーションを包括的にテストする

1つのAppSecソリューションですべてに対処できるわけではありません。Synopsysのツールとサービスを使用すれば、複数の解析技術を組み合わせて、アプリケーション、サービス、またはコンテナを包括的にテストできます。

アプリケーション・セキュリティをシフトレフトする

開発チームは、セキュリティ上の弱点(CWE)と脆弱性(CVE)に対する第一の防衛線です。開発チームがCode Sight™ IDE統合を使ってコーディングするときに、セキュリティ上の不具合を見つけて修正できるようになります。 

Shift application security left | Synopsys
Build security into your automated SDLC | Synopsys

自動化されたSDLCにセキュリティを組み込む

開発プロセスは自動化されています。セキュリティ・テストも自動化するべきです。Synopsys DevOps統合を使用して、既存のCI、リポジトリ、およびワークフロー・ツールとセキュリティ・テストを統合および自動化します。

オンデマンドのセキュリティ・テスト・サービスでチームを強化する

アプリケーション・セキュリティのエキスパートを見つけるのは大変です。Synopsysのセキュリティ・テスト・エキスパートで構成されるグローバル・チームにより、リソースのギャップや優先プロジェクトに迅速かつコスト効率よく対処できます。

On-demand application security testing services  | Synopsys

ポートフォリオ全体のセキュリティリスクと進捗状況を追跡して管理する

アプリケーションのセキュリティを管理するときは、「森」を確認する必要がある場合もあれば、「木」に焦点を合わせる必要がある場合もあります。Polaris Software Integrity Platform™レポートでは、両方を行うことができます。

  • 静的解析、ソフトウェア・コンポジション解析、動的解析に基づいてリスク・スコアを集計します。
  • 複数のセキュリティ・テストにまたがってフィルタリングする場合は、優先度の高い問題を特定して焦点を当てます。
  • 開発者トレンド・レポートを使用して、時間の経過による改善を追跡します。

Synopsysを使用してSDLCにセキュリティを組み込む

セキュアで高品質なソフトウェア構築を迅速化する方法について