セキュリティ・チーム向けソリューション

ソフトウェアのリスクを低減し、事業を変革するために、人員、プロセス、テクノロジを調整します。

ソフトウェアの構築が複雑化する一方で、納期はこれまで以上に短縮される傾向にあります。さらに、展開時には、以前にはあり得なかった新しい方法が用いられるようになっています。一方で、日々新しい形態のサイバー攻撃が出現し、その手口も高度化しています。

ソフトウェア・セキュリティの確保に向けて、アプリケーション・セキュリティに関与するツール、プログラム、人員の体制は整っていますか?

SDLCの全工程にセキュリティを組み込むことで資産を保護

リスクを管理し、組織のデジタルトランスフォーメーション(DX)の取り組みから摩擦を取り除くためには、アプリケーション・セキュリティ・プログラムに「シフト・エブリウェア(工程のあらゆるタイミングへのシフト)」が求められます。シノプシスのAppSecおよびDevSecOpsソリューションは、ソフトウェア開発ライフサイクル(SDLC)の全段階にわたるツールとサービスを提供することで、アプリケーションにセキュリティを確実に組み込みます。  

あらゆるタイミングでセキュリティ対策を実施するシフト・エブリウェア

統合的なアプリケーション・セキュリティ・プログラムを構築

脆弱な基盤上で強力なアプリケーション・セキュリティ・プログラムを構築することはできません。シノプシスでは、セキュア開発マチュリティ・モデル(BSIMM:Building Security In Maturity Model)に基づいたアプリケーション・セキュリティ・プログラムの戦略・計画ガイダンスを用意しています。

長年にわたるソフトウェア・セキュリティ・プログラムの管理から得られた実績あるプラクティスと実践経験を活かして、専門のコンサルタント・チームが、現状から将来のあるべき姿に移行するための進路を示すお手伝いをします。

内部および外部の脅威とリスクを理解する

シノプシスの脅威・リスク評価は、アプリケーション全体を分析し、内部および外部の脅威エージェントや攻撃ベクトルの可能性、および侵害につながる可能性のある設計上の欠陥を特定するために役立ちます。

リスクを確率と重大度に基づいて定量化し、修正計画を特定して優先順位を付け、問題に早期に対処することで、コストとリリース・スケジュールに与える影響を低減します。

業務の優先順位とイベントに応じてアプリケーション・セキュリティのリソースを調整

熟練したセキュリティ専門家は採用や維持が難しく、少ない人材でこなさなければならない仕事量は増すばかりです。

特別なプロジェクトやインシデント対応を支援するにも、社内リソースを最適に活用するにも、高度なトレーニングを受けたアプリケーション・セキュリティのエキスパートにオンデマンドでアクセスできるシノプシスのセキュリティ・テスト・サービスは、アプリケーション・セキュリティ・テストの多様なニーズに対応するためのコスト効率の高いサービスです。

コンピューター・サイエンスの分野での米国の上位40の教育プログラムのいずれも、セキュア・コーディングやセキュア設計の授業を必修にしていません。"

Forrester Research, Inc.

|

「開発者にセキュアなコーディングの作成方法を指導する場合は、言葉で説明するのではなく、実際に手本を示してください」

成果を上げるために必要なスキルを身に付ける

サイバー攻撃対策の効果を上げるには、開発チームがセキュアなソフトウェアを設計・構築するためのスキルと知識を身に付けている必要があります。ところが、多くの開発者は、アプリケーション・セキュリティに関する正式なトレーニングをほとんど、もしくは全く受けていません。

アプリケーションのセキュリティ確保にスキルギャップは禁物です。シノプシスのセキュリティトレーニングは、知識ギャップを埋めるセキュリティ・カリキュラムと開発者をセキュリティ推進リーダーへと育成するコースにより、包括的なアプリケーション・セキュリティ・トレーニング・プログラムの構築を支援します。

開発の全段階にセキュリティを組み込む

セキュリティ・プログラムは、セキュリティ・チームが推奨するツールとプラクティスを開発チームが導入することによって最大の効果を発揮します。開発ツールチェーンとワークフローにシームレスに連携するシノプシスのアプリケーション・セキュリティ・ソリューションを使用すれば、開発への導入が促進されます。

関連コンテンツ