このデジタル・トランスフォーメーションと絶え間ない変化の時代にあって、セキュアで高品質なソフトウェアの構築はこれまで以上に難しくなっています。ソフトウェア・セキュリティ・アクティビティを一貫性のある協調的な方法で浸透、測定、管理、および進化させるには、ソフトウェア・セキュリティ対策(SSI)が必要です。

また、SSIは開発アプローチ、DevOpsの文化、展開環境、規制要件、サプライチェーン、ソフトウェア・リリース・サイクルなど、変化の激しい開発環境に確実に歩調を合わせる必要があります。そのためには、SSIの現在の状態と、改善方針を策定し、SSIの変更に優先順位を付けるためのデータを可視化する必要があります。

堅牢なソフトウェア・セキュリティ対策を5ステップで構築

  1. 構築
  2. 計測
  3. 検証
  4. 改善
  5. 管理
 

SSIの進化を測定し、統制のとれた形で成熟させる計画を立てます。

ソフトウェア・セキュリティの過程は組織ごとに異なります。経営・技術面の推進要因、経営幹部の期待、セキュリティ目標、運用上の目標、そして現在の組織の強みと弱みが進化すれば、現状から次の通過点への進路が変わっていきます。

BSIMMおよびMAPにより、SSIの進化を加速

  • SSIの成熟度を評価します。
  • 予算およびリソースにアクセスできます。
  • セキュリティ対策の戦略および計画を定義します。
  • 進捗を測定する仕組みを構築します。
  • ソフトウェア・セキュリティ体制を顧客、パートナー、規制当局に伝えます。
準備はできていますか BSIMMおよびMAPのエキスパートに今すぐご相談のうえ、ソフトウェア・セキュリティ対策の測定および向上を開始しましょう。
 

関連コンテンツ