Verdi 

自動デバッグ・システム 

概要
Verdi自動デバッグ・システムは、複雑で馴染みのないデザインの動作の理解、困難かつ時間のかかるデバッグ・プロセスの自動化、多様かつ複雑な設計環境の統一を支援する、強力なテクノロジを備えたデジタル設計をデバッグするための高度なオープン・プラットフォームです。

Verdiデータシート

デバッグ時間を削減
Verdiシステムによって、一般的にデバッグ時間を50%以上削減できるため、設計者はデザインの品質向上に専念できます。 次のようなユニークなテクノロジが大幅なデバッグ時間短縮を可能にしています。
  • 独自のビヘイビア解析テクノロジによる自動トレース
  • 柔軟性に優れた高性能なデザイン・ビュー内で、関連するロジックを抽出、切り分け、表示
  • 設計、アサーション、テストベンチ間の動作と相互関係を明示

図1: Verdi SoCデバッグ・プラットフォーム

図1: Verdi SoCデバッグ・プラットフォーム

統合されたデバッグ・システム
Verdi自動デバッグ・システムには、デバッグ・システムに必要なあらゆるテクノロジや機能が組み込まれています。 また、Verdi3システムは高度なデバッグ機能を備え、広範な言語や手法をサポートしています。

主な機能
Verdiシステムは以下に示す基本的なデバッグ機能を備えています。
  • 時系列でアクティビティを表示および解析できる高機能な波形ビューア
  • Fast Signal Database(FSDB)ファイル間の不一致箇所を特定する高性能な波形比較エンジン
  • ソースコードと階層ブラウザ間の連携を容易にするソースコード・ブラウザ
  • 馴染み深いシンボルを用いてロジックと接続関係を表示できるフレキシブルな回路図とブロック図
  • ステートマシンの動作を把握できる直観的な状態遷移図
高度な機能
Verdiシステムには、以下のような高度なデバッグ機能もあります。
  • 高性能なビヘイビア解析テクノロジを用いて、多数のクロックサイクルにわたって信号をすばやくトレースできる信号アクティビティの自動トレース
  • 時間と構造を組み合わせて表示し、因果関係を即座に把握できるTemporal Flow View
  • 柔軟なトランザクションとメッセージダンプのサポート機能を備え、高い抽象度でデザインのデバッグと解析を可能にするトランザクションベース・デバッグ
  • アサーションの組み込みサポートにより、アサーションエラーから関連する設計アクティビティにすばやく移行できるアサーションベース・デバッグ
  • SystemVerilogテストベンチ・デバッグには、以下の機能が備わっています。
    • SystemVerilogテストベンチ(SVTB)とUniversal Verification Methodology(UVM)などのライブラリの完全なソースコードのサポートにより、テストベンチ・コードの再利用性と相互運用性を確保
    • 宣言ベースの階層ブラウジングおよびナビゲーション、クラスの継承ならびに関連性の把握、トレース機能などをサポートし、テストベンチ・コードをわかりやすくする専用ビュー
    • ポストシミュレーション検証環境におけるテストベンチの動作の全体像を示す高度な可視化テクノロジを備えた、組み込みのメッセージ・ロギング機能とUVMトランザクションダンプ機能
    • フル機能のインタラクティブなシミュレーション・コントロールが、複雑なテストベンチ・コードを踏まえながらより詳細な解析を可能に
    • UVM考慮のデバッグビューにより、リソース、ファクトリー、フェーズ、シークエンスなどUVMの様々な局面からの検証結果検討が可能
    • トランザクション・レベルのデバッグビューは拡張されたFSDBに基づき、新規トランザクションと関連データのダンプをサポート

VC Apps
VC Appsは、Verdi SoCデバッグ・プラットフォーム内にあるデザイン、環境、検証、カバレッジの情報に直接アクセスすることにより、特異な設計や検証上の問題点を克服するためのカスタム・アプリケーション作成を可能にします。VC Apps Exchangeの中に300以上のアプリケーションが用意されており、設計のエクスプロレーション、設計ルールの検証、デバッグ自動化、デバッグ用波形の調査、パワー見積もりとエクスプロレーション、テクノロジの統合や設計の操作など、多くの設計の問題にとりくむ機能にアクセスできます。詳細はこちらをご覧ください

組み込みソフトウェアのデバッグ
Verdi HW SW DebugはVerdi自動デバッグシステムと共に使うことができ、複数ウインドウにてSoC設計のハードウェアとソフトウェアのデバッグビューを包括的に提供します。Verdiの統合されたデバッグ環境を使えば、ハードウェア技術者とソフトウェア技術者が同時に、ハードウェア・デバッグビューおよびソフトウェア・デバッグビューにてデザインを確認することができます。これは、C/C++やアセンブリーコード、メモリー、レジスター、ブレークポイント・ウインドウを含みます。詳細は Verdi HW SW Debug データシートをご参照ください。

ローパワー・シミュレーションのデバッグ
Verdi Power-Aware Debugは、Verdi Debug Automation Systemと連動して、パワーインテントの設計への影響を解析し、パワーに関連したエラーの原因を可視化、追求するプロセスを自動化することによってデザインの予期しない現象を迅速にデバッグします。

ミックスシグナル・シミュレーションのデバッグ
Verdi Advanced AMS Debugは、Verdi Debug Automation Systemと連動して、アナログ、デジタル、ミックスドシグナルのサブシステムのコシミュレーションをシームレスにデバッグします。アナログとデジタル設計のインターフェイスのデバッグを加速し、手間のかかるコシミュレーションの設定プロセスを簡素化します。詳細は Verdi Advanced AMS Debug データシートをご参照ください。

Verdiデータシート



NewsArticlesBlogsSuccess StoriesWhite PapersWebinarsVideosTraining Courses