PrimeTime HyperScaleテクノロジ 

 
PrimeTime、タイミング解析容量を5億インスタンス超に拡大

PrimeTimeのHyperScaleテクノロジは、5億インスタンス以上のデザインに対するスタティックタイミング解析を可能にします。 従来のフラットな解析と比べて、フルチップ解析の実行速度が5倍から10倍向上すると同時に、メモリ使用量が5分の1から10分の1に削減されます。

HyperScaleテクノロジは、SI解析、ばらつきに対応する高度なオンチップ・バリエーション、分散マルチコア解析などの既存の機能と連携して、STAの生産性を向上し、チップ全体のタイミング収束を加速します。 HyperScaleテクノロジは、ブロックレベルで設計を行い、最終的にチップレベルにアセンブルしてタイミング収束およびサインオフを行う今日のフィジカル・インプリメンテーション・フローに適しています。

プレスリリース
PrimeTime HyperScaleに関するSIGイベント
記事: