SPW 

 
概要
コンシューマ、インフラストラクチャ、医療、車載、航空宇宙、軍事産業向けに革新的な製品を投入するには複雑なDSPシステムの開発が必要となりますが、インプリメンテーションに関する意思決定の1つ1つがシステム全体の性能にどのような影響を与えるかを評価する作業に設計時間の大半が費やされており、インプリメンテーションは困難を極めています。MATLABアルゴリズムやC/C++などの純粋な言語ベースのアプローチでは、モデリング手法を十分に制御できないため、インプリメンテーションとシミュレーションの生産性が向上せず、現在の課題を解決できません。

SPWは、DSPシステムのコンセプト作成からインプリメンテーションまでの期間を短縮します。SPWは、DSPアルゴリズムを極めて効率的に記述できるCデータフロー(CDF)モデリング・パラダイムがベースとなっており、専用のデジタル・ハードウェアまたは組込みソフトウェアへのインプリメンテーションが可能です。CDFでは並列性の高いシステムも直感的に記述でき、今日のヘテロジニアス・マルチコア・アーキテクチャの設計で不可欠とされる完全に決定論的な実行スケジューリングを生成できます。また、DSPアルゴリズム・ツールのSPWと組み合わせて利用できるDSPモデル・ライブラリも包括的に用意されています。

PDFデータシートのダウンロード

利点
  • モデルベースの設計アプローチにより、革新的なDSPベース製品の早期市場投入を支援
  • ソースコードで提供される3000以上のモデル
  • FIRフィルタ及びIIRフィルタのインタラクティブな設計/シミュレーション/解析を支援するフィルター設計システム
  • 多数の通信/マルチメディア標準規格のサポートにより、標準規格に準拠したエンド・ツー・エンドのシステム・コンフィギュレーションを支援
  • CDFによるモデリングで設計にかかる労力を軽減
  • 体系的な再利用により設計コストを飛躍的に削減
  • RTLコ・シミュレーションのインターフェイスを基本パッケージで提供
  • オプションのHardware Design System(HDS)により、実績豊富なハードウェア・インプリメンテーション・フローを提供

図1: モデルベースの設計アプローチを採用したSPWでは、グラフィカルな環境と抽象度の高い言語を利用してシステム全体を階層的に入力できるため、設計効率が飛躍的に向上します
図1: モデルベースの設計アプローチを採用したSPWでは、グラフィカルな環境と抽象度の高い言語を利用してシステム全体を階層的に入力できるため、設計効率が飛躍的に向上します

利用可能なオプション
  • Hardware Design System(HDS)
利用可能なアドオン・ライブラリ
  • LTE/LTE-Aモデル・ライブラリ
  • Xilinx IP向けLTEモデル・ライブラリ



NewsArticlesDatasheetsSuccess StoriesWhite PapersWebinarsVideosNewsletters