Saberによる設計入力 

Saberは、「ロバスト設計(信頼性の高い高度な設計)」の実現を加速します 

デザインエントリ
製品設計を非常にうまく行うには卓越した品質、信頼性、性能が求められます。設計工程は、これらの卓絶性を確保することに対して有効に機能しなければならず、かつ、設計にかかる期間の短縮とコストの削減を達成することに対して効率的に機能しなければなりません。早期に市場投入し、かつ、後になって発覚する製品欠陥の発生を回避することが、製品ライフサイクル全体でみた収益を最大化させるための要の重要ポイントです。

エンジニアリングチームがこれらの目標を達成するには、モデリング、設計、シミュレーション、解析手法を体系的に適用する必要があります。それは、実証済みのツールや機能をひとつのフローに統合することによって初めて実現可能となります。

システムシミュレーションを行うには、人の集合である設計チームと機械であるシミュレータの両者が同様に理解できる同一の方法によって設計が効果的にキャプチャされる必要があります。

Desing

Saber Sketchでは、豊富なシンボル・ライブラリと、先進的な回路図設計の中でこのライブラリを参照することのできるユーティリティとが相俟って、すばらしい効率性がもたらされます。これにより、シンボルやモデルを検索したり配置したりすることががた易い作業と化します。

Saberの優位性
  • モデル言語標準のVHDL-AMSとMASTにより設計の可搬性の向上が可能。
  • モデルの暗号化による知的財産の保護が可能。
  • ミックスドシグナル、マルチレベル、マルチドメイン・モデルのサポートによりシステム全体のシミュレーションの実行が可能。
  • 30,000以上のキャラクタライズ済みのモデルの利用により、時間節約と、精度確保が可能。
  • モデルキャラクタライズ用のツールとユーティリティを利用することにより、新規モデルの迅速かつ高精度な作成が可能。
  • 先進的な解析機能によるロバスト設計手法の推進が可能。
  • グリッドコンピューティングにより、極めて過度な計算集約性を有する統計解析の高速実行が可能。