HAPS®-Developer eXpress(HAPS-DX)シリーズ 

ASICブロック/IPのプロトタイピングに最適なハードウェア・プロトタイプ 

シノプシスのHAPS Developer eXpress(HAPS-DX)は、 最先端のプロトタイピング・ソリューションを必要とする設計チームに向けて業界最高水準のプロトタイピング・ハード ウェアと、開発自動化ソフトウェア・ツールのProtoCompiler DXをワンパッケージ化したもので、プロトタイプ開発を迅速化してASIC RTLブロックおよびIPのプロトタイプ完成までの期間を短縮します。 HAPS-DXは、最大600万ASICゲートの実装容量を備えたXilinx Virtex®-7 FPGAを搭載しており、シノプシスのHapsTrak 3と業界標準のFPGAメザニン・カード(FMC)の両フォーマットに対応した柔軟性の高いI/Oインターフェイス・アーキテクチャにより実機環境に即したインターフェイスを実現します。

開発期間の短縮が進み、ソフトウェアのコンテンツが増え続ける中、新規ASIC RTLブロックおよびIPに対してソフトウェア・ドリブンのイン・コンテキスト検証を実行する必要性が高まっていますが、そのためにはハードウェア・プロトタイプを最短期間で配布する必要があります。 統合ソフトウェア・ツールを利用してFPGA論理合成、RTLデバッグ、プロトタイプ構築を行うことによって、各ASIC RTLを「ドロップ」した後のプロトタイプの構築を迅速化でき、検証シナリオの実行やソフトウェア統合の作業にかかる期間を数カ月から数週間に短縮できます。

HAPS-DXハードウェア・システムと実装自動化/デバッグ・ソフトウェア
HAPS-DXハードウェア・システムと実装自動化/デバッグ・ソフトウェア

HAPS-DXシリーズの詳細については、最寄のシノプシス営業拠点にお問い合わせいただくか、physical-prototyping@synopsys.comまでメールにてご連絡ください。

PDF HAPS-DXカタログ

 
HAPS-DXの機能:
  • ANSI規格のFMCおよびシノプシスHapsTrak 3の両コネクタをサポートする柔軟性の高いI/O
  • プロトタイプの短期構築を可能にする業界最高水準のASIC RTLソース・コンパイラおよび論理合成ツールを搭載
  • プロトタイプ使用時に、ギガビット容量のトレース・ストレージとシミュレータに匹敵する高い可視性を提供
  • Xilinx Virtex-7 FPGA、DDR3メモリー、PCI Expressエンドポイント、UMRBusを統合し、柔軟性に優れたプログラマブルなプロトタイピング・プラットフォームを実現
  • 大容量のシノプシスHAPS-70シリーズ・システムとの統合が可能なモジュール式アーキテクチャと設計フローにより、システム・オンチップ(SoC)全体の検証およびハードウェア/ソフトウェア統合シナリオに対応
  • ProtoCompilerによる実装に対応しているため、HAPS-DX/70/80で構築したシステムの統合が容易
HAPSシリーズの付属品ならびに関連ソフトウェア

プロトタイプ構築が容易
HAPS-DX用ソフトウェアのProtoCompiler DXは、プロトタイプ完成までの期間を短縮し、FPGAベース・プロトタイプに適した論理合成を可能にします。 コンパイラは一般的なHDL標準、ASIC HDLコーディング・スタイル、DesignWare IPに対応しています。 ASIC設計制約を記述したSynopsys Design Constraint(SDC)およびUniversal Power Format(UPF)により、タイミング制約と低消費電力実現のための設計意図を短時間でプロトタイプに移植できます。 高速コンパイル・モードによってRTLレビューにかかる時間を短縮し、従来のFPGA合成ツールよりも5倍高速なスループットを実現します。 構築期間を短縮するHAPSクロック最適化などのオプション機能により、最も複雑なクロック構造を持つASICクロック手法の場合でも、クロック制限のあるFPGAアーキテクチャへのインプリメンテーションを迅速に行うことができます。

HAPS-DX FPGAベース・プロトタイピングシステムについてシノプシス・ソリューション・グループ上級副社長兼ジェネラルマネージャーのJoachim Kunkelがご紹介します。

業界標準のFMC(FPGAメザニン・カード)およびHAPS HapsTrak 3の両フォーマットとの互換性があるI/Oインターフェイスにより、使用できるドーターボードの幅が広がり、実機環境に即したインターフェイスに接続するプロトタイプの構築にかかる手間が軽減します。

HAPSドーターボード
VITAのFMC Webサイト

非介入、大容量のデバッグ
最大4GBのストレージに対応するHAPS Deep Trace DebugやシノプシスVerdiの統合などのRTLデバッグ/大容量ストレージ・オプションにより、シミュレータに匹敵するデバッグ・インターフェイスと数秒間分もの信号トレース・データを格納できる容量をプロトタイプに提供し、プロトコル準拠チェックの簡素化や豊富な信号可視化機能を実現しています。

再利用およびHAPS-70との統合
HAPS-DXは、HAPS-70シリーズ・システムと互換性があるため、プロトタイプ容量を拡張すれば、SoC全体の検証にも対応できます。 既存のデザイン・ブロックやHAPS-DXハードウェアを再利用することによって、コンパイルや配置配線をやり直す手間が省けます。 最大400万ASICゲートの容量を備えたXilinx Virtex-7デバイスをベースにしたHAPS-DXは、ASICブロック・モジュールおよびIPの検証に理想的なCLB(Configurable Logic Block)、RAM、DSPリソースを提供します。 高性能I/Oと組み込みPCI Expressにより最大8個のGen 2およびその他の通信プロトコルに対応します。

柔軟性の高いプロトタイプ接続オプション
HAPS-DXでは、仮想プロトタイプとFPGAベース・プロトタイプを組み合わせて短期間でのソフトウェア開発期間を実現できます。 HAPS-DXに内蔵されたUniversal Multi-Resource Bus(UMRBus)インターフェイスと別売のAMBAトランザクタにより、HAPS-DXシステムとシノプシス 仮想プロトタイピング・ソリューション Virtualizer™で生成されたVDK(Virtualizer Development Kit)とをシームレスに接続して統合ハイブリッド・プロトタイピング環境を構築することが可能になります。

ハイブリッド・プロトタイピング・ソリューションのビデオ

HAPS-DXの合成/インプリメンテーション機能
HAPS-DXに付属する業界最高水準のLinux OS対応・合成/インプリメンテーション・ツールのProtoCompiler DXを利用して、ASIC RTLブロックおよびIPのプロトタイプを迅速に立ち上げ、開発期間を短縮することができます。

ASIC RTL/IPのFPGAへのマイグレーション
  • ゲーテッド・クロックの自動変換
  • シノプシスDesignWare IP対応
  • Synopsys Design Constraint(SDC)対応
  • UPFアイソレーション/リテンション・ロジックを推論
  • ASIC/FPGA用の共有ソース・ファイル
高速HDL解析
  • エラー発生時の継続処理による迅速なコード診断
  • インクリメンタル・ブロックベース・フロー
  • 高速コンパイル・モード – 処理を5倍高速化し、結果品質への影響も最小化
業界最高水準のFPGA論理合成
  • SystemVerilog、VHDL 2008、Verilog HDL、VHDL、および言語混在をサポート
  • 高品質な合成結果
  • スクリプトとTcl/検索フローの自動化
  • RTL/FSMのグラフィカルな出力

HAPS-DXの接続/デバッグ機能
RTLデバッグ機能とUMRBus(Universal Multi-Resource Bus)インターフェイスにより、HAPS-DXをホスト・ワークステーションに接続してシステム・モニタリング、RTLデバッグ、より詳細な検証シナリオの実行が可能です。

PDFHAPS-DX トランザクションベース・バリデーション・スイートのデータシート

RTLまたはネットリストの実装とデバッグ
  • RTLまたはネットリスト・ビューからサンプル/トリガを設定
  • RTLにアノテーションされたライブ・システムの状態を表示
  • ESDB/FSDBによるシノプシスVerdi/Silotiとのデータ交換
サンプル時間/信号ストレージの向上
  • オンボードDDR3サンプル・ストレージ
  • ロジック・アナライザのインターフェイスと制御
  • サンプリング/muxグループを選択可能
HAPS-DXハードウェア立ち上げの自動化
  • UMRBus接続によるCAPIMへのアクセス
  • システム・コンフィギュレーションの検証
プロトタイプの利用範囲の拡充
  • 仮想プロトタイプとFPGAベース・ハードウェア・プロトタイプの統合により、より早い段階でプロトタイプを活用できるようになり、CPUサブシステムを用いてデザイン意図に沿ったIPバリデーションが可能
  • AMBAプロトコル・トランザクタを通じて、シノプシスのVirtualizer Development Kit (VDK) とリンク
  • AMBA向けのHAPS-DXトランザクタ・ライブラリ(オプション)


NewsArticlesBlogsDatasheetsSuccess StoriesWhite PapersWebinarsVideos