アーキテクチャ設計  

消費電力を考慮したマルチコアSoCアーキテクチャ設計 

開発サイクルの終盤になってシステム・パフォーマンスや消費電力の問題が見つかると、プロジェクトのスケジュールや製品の競争力にとって致命的であり、市場での成功も危うくなります。多くのアプリケーションに対応し多機能化が進んだ今日のSoCでは、システムの動的パフォーマンスを予測するにはシステムレベルのシミュレーションとパフォーマンス解析を設計サイクルの早期段階で実行しておくことが不可欠となっています。そのためには、OEM企業(システムメーカー、最終製品メーカー)と半導体企業が従来の枠を超えてサプライチェーン内での情報共有とコラボレーションを進めていくことが必要です。シノプシスは、Platform Architectアーキテクチャ設計モデルCoStart支援サービスを柱とするマルチコアSoCアーキテクチャ設計ソリューションをご提供しています。

 

 
Platform Architectは、アーキテクトやシステム設計者がマルチコアSoCアーキテクチャのパフォーマンス/消費電力解析と最適化を開発早期段階で効率よく行えるようにSystemC TLMツールとメソドロジを提供します。
PDFデータシートのダウンロード


 
汎用トラフィック・ジェネレータ、AMBA/OCP-IPベースのインターコネクト・モデル、メモリー・サブシステム・モデル、組込みプロセッサ・モデルなど一般的に必要となるSoCアーキテクチャ・コンポーネントのSystemC TLMモデルをご用意しています。


 
CoStartはトレーニング、サンプル提供、コンサルティングのサービスをパッケージ化したもので、ユーザーがアーキテクチャ設計メソドロジをいち早く導入して最短期間で生産性を向上できるように支援します。

Platform Architectでシステムレベルのパフォーマンス解析を行うと、システム設計者はTATを短縮しながらトランザクションレベル・シミュレーションを実行し、システムレベルの強力な可視性に基づいて解析や意思決定プロセスを大幅に改善できます。この結果、プロジェクト・リスクが抑えられ、多くのアプリケーション機能を持つマルチプロセッサSoCでは、過剰設計をなくした最適なシステム・パフォーマンスが実現します。


解析の重要性を押し上げる組込みシステム・アーキテクチャのトレンドと
Platform Architectのメリット