AbuseSA™ - サイバー脅威インテリジェンスプラットフォーム 

新しい攻撃を発生時点で発見します。 

AbuseSAは、包括的な脅威インテリジェンスを提供します。それにより、政府機関、CERT、サイバー上の各機関を防衛戦略の対象に組み込むことができます。

ボットが、インターネットの不正利用データや情報を収集、正規化、無害化、増強、フィルター、そして、スマートに重複排除します。これにより、リアルタイムに状況を認識し、セキュリティの専門家で構成された広範囲なネットワークを活用できます。また、内部リソースも活用し、データリソースをつなぎ合わせ、脅威のインシデントや指標について統一された共同レポートを作成できます。

AbuseSAn Figure

AbuseSAを利用すれば、不正利用情報を自動的に収集、処理、レポート、視覚化できます。

製品に関するお問い合わせやデモの申し込みなどは下記までお問い合わせください。
日本シノプシス合同会社 営業本部ソフトウェアインテグリティグループ
Tel: 03-6746-3600
Email: sig-japan-sales@synopsys.com

 


トライアル申し込み
ソフトウェア インテグリティ
プラットフォーム
  • Coverity® 静的コード解析
  • Protecode
    ソフトウェアコンポジション解析
  • Defensics®
    インテリジェントファジングテスト
  • Seeker®
    ランタイムセキュリティ解析
  • Test Advisor
    自動化されたテスト最適化
  • AbuseSA サイバー脅威インテリジェンスプラットフォーム