RTL Architect

Simply Better RTL

シノプシスのRTL Architect™は、業界初のフィジカルを考慮したRTL解析、最適化、サインオフのシステムです。

RTL Architectの高速な多次元の予測エンジンを用いることにより、RTL設計者は、RTLコードの変更が消費電力/性能/面積/配線密度にもたらす影響を予測することが可能になります。単一のデータモデル上に構築されたRTL Architectは、シノプシスの業界最高水準のインプリメンテーションとPrimePower RTLなどのゴールデン・サインオフ・ソリューションを直接活用して、設計サイクルの早い段階で正確な結果を実現できます。RTL Architectは、RTLの開発期間を大幅に短縮し、「Simply Better RTL」の実現を可能にします。

主な特長

  • インプリメンテーションの実現可能性とPPA指標に関する正確なフィードバックにより、予測性の高いRTL収束
  • RTL品質に関する早期の正確なフィードバックによりRTL開発期間を短縮
  • 並列処理によるRTLエクスプロレーションで、優れたPPA

機能

  • 高速・大容量の多次元予測エンジン
  • 数十億ゲートの大容量と、フルチップ階層型RTL設計のための単一データモデル
  • PrimePower RTLなど、シノプシスのインプリメンテーション/ゴールデン・サインオフ・ソリューションを基盤にして構築
  • 高度に直感的なGUIインターフェイスと知見に富む解析を行うRTLクロスプロービング

予測性の高いRTL設計収束を実現するRTL Architect

事業部長のShankar Krishnamoorthyが、予測性の高いRTL設計収束ソリューション、RTL Architectの誕生の背景について説明します。

RTL Architectの背景にある画期的な技術

R&D VPのNeeraj Kaulが、RTL Architectの中核機能と、種々の独自機能の概要を説明します。