自動車用のISO 26262機能安全規格に準拠した安全パッケージを備えたIP製品群

自動車OEMは、半導体サプライヤーに対し、ISO 26262機能安全規格に準拠したADAS SoCおよびモジュールの開発を求めるようになっています。 セーフティ・クリティカルなシステムでは、用途ごとに固有のASIL(Automotive Safety and Integrity Level)に適合したSoCを利用しています。安全パッケージが付属したシノプシスのDesignware IP製品群はASIL BおよびDに適合したISO 26262認証を取得済みで、セーフティ・クリティカルな用途向けに作られています。

安全パッケージは安全性評価を迅速化し、目標となるASILへの到達を支援するために、故障モード影響診断解析(FMEDA)レポート、安全マニュアル、認証レポートで構成されています。認証済みのIPを利用することで、SoC設計に伴うサプライチェーンのリスクが低減し、SoCレベルの機能安全に関する要求仕様、設計、実装、統合、検証、バリデーション、コンフィグレーションが迅速化します。

ASIl BおよびD認証済みIP

機能安全規格ISO 26262

シノプシスの車載用IP製品群は主要な独立検査機関からISO 26262認証を受けています。

機能安全

その他の車載IPリソース

詳細はこちら

Newsletters