シノプシス YieldManager®

YieldManager

IC製造業向けのカスタマイズ可能な歩留り管理

YieldManager®は、集積回路(IC)製造メーカーによる重要なデータの収集、コリレーション、解析、共有を容易にし、高い歩留りを実現および維持するためのカスタマイズ可能な歩留り管理ソフトウェア・システムです。欠陥、レビュー、ビンソート、ビットマップ、パラメトリック、MES、最終テストなどのデータ・タイプをサポートします。YieldManagerは、異なるデータソースの高度なコリレーションとデータの迅速なドリルダウンを組み合わせて歩留まり問題の根本原因の特定を容易にし、これによってエンジニアは時間やリソースを節約することができます。統合データベースを利用しているため、ファブ全体で複数のクライアント/サーバ・アプリケーションを維持する必要がなくなります。ウェハー・ファブ全体に対して単一でロバスト性の高い、業界で実績のあるソリューションを提供することにより、ITインフラストラクチャのコストと複雑さを低減することができます。

YieldManagerはKnights Technologyが開発した歩留り管理製品群の一部です。Knightsの製品ラインは2012年にシノプシスがマグマ社を買収した際にシノプシスによって取得されました。

主な特長

  • 単一の統合データベースを使用する完全なウェハー・ファブ・ソリューションを実現
  • 根本原因の特定を容易化。YieldManagerは、あらゆる種類のファブ・データのコリレーションを簡素化し、歩留まり問題の症状と考えられる根本原因との区別を容易化
  • 自動解析を通じて生産性を向上。YieldManagerのVB Scriptの記録、編集、実行機能を使用して、解析プロセスをキャプチャ可能。レポートはカスタマイズすることができ、HTML、Microsoft PowerPoint®などの多様なフォーマットで出力可能
  • データ・セキュリティの確保。YieldManager 5は、管理者に高性能かつ多機能なデータフロー管理ツールを提供する3段階システム方式を導入
  • 単一かつ信頼性の高いデータベース・ソリューションにより、インフラストラクチャにかかるコストを削減

歩留りの問題解決にかかる時間を短縮

効果的な歩留り管理を行うには、異なるソースからのデータの高度な管理、および考えられる根本原因を症状から迅速に識別する機能が必要です。そのためYieldManagerは、有意義な統計データとグラフィカル表示を利用してさまざまなデータ・タイプの迅速なコリレーションを行う機能を備えています。またYieldManagerはファブ全体で一貫した解析手法を採用し、複数のチームが効果的に協調できるようにする、共通のデータ・フレームワークをご提供します。

図1:Yield Managerによる意思決定解析、欠陥とビンプローブの相関マップを自動化