SysNav

SysNav

プリント基板、マルチチップ・モジュール、積層ダイ・アプリケーションのためのCADナビゲーション

Sysnav™はプリント基板(PCB)、マルチチップ・モジュール、積層ダイ・アプリケーションのレイアウト可視化および信号トレースのためのCADナビゲーション・ソリューションです。シノプシスCamelot™のダイレベル故障解析機能を、パッケージ産業向けに拡張しています。Sysnavは、複数のインタラクティブなICおよびPCBの回路デバッグやオンライン・トレースをCADナビゲーション機能と統合することができる唯一の市販ツールです。Sysnavを使用すると、ダイ、積層ダイ、マルチチップ・モジュール、およびPCB上のシグナルを高速トレースできます。ファブ・チームはチップからボード、ボードからチップへの信号をトレースし、故障解析ツールで迅速に不具合要因を特定できるようにX、Y位置にナビゲートできます。

SysnavはKnights Technologyが開発した故障解析製品群の一部です。Knightsの製品ラインは2012年にシノプシスがマグマ社を買収した際にシノプシスによって取得されました。

主な特長

  • Sysnavはボードレベルのレイアウト・データを表示し、CamelotのMaskView™はチップレベルまたはダイレベルのレイアウト・データを表示
  • SysnavとMaskViewを使用して、インタラクティブなトレースや電気的接続のハイライト表示が可能
  • SysnavとMaskViewのGUIは採用を容易にするために類似しています
  • 選択された小さな面積の2Dおよび3D断面図など、Camelotが有する多くのボードレベルの故障解析機能をSysnavでも使用可能
  • Keditを使用してパッケージ上の場所にブックマークを付け、データ・ロケーターを使用して基板に関するダイ情報を取得
  • イメージ・オーバーレイの実行
  • ピン・リスト・ファイル(ASCIIファイル)およびIPC 356Dファイルからネット名情報をインポート
  • GUIベースのアプリケーション、KDBBuilderを使用してパッケージ・データを変換
  • FEI V Ion、FEI V-Ion Plasma FIBなどの装置とインターフェイス
  • 業界標準のGerber RS 274Xフォーマットに対応
SysNav