光学設計ソリューション 

光学業界の最前線でイノベーションを加速 

シノプシスの光学設計ソリューション・グループは、イメージング・デザインソフトウェアCODE V®、イルミネーション・デザインソフトウェアLightTools®、フォトニック、光ネットワーク設計ツールのR Softを備えた、光学設計の最新鋭開発グループです。

2010年10月、シノプシスは、Optical Research Associates(ORA®)を買収しました。これは、シノプシスの光学業界進出の第一歩であり、従来のEDA市場からEDA隣接分野へ業容拡大をはかるシノプシスの企業戦略の一環です。 シノプシスは、CODE VおよびLightToolsとともに、光学設計と解析ソフトウェア開発の革新者としてのORAの長い歴史も継承します。エンジニアリング・サービス・グループは、今後も光学システム設計の最大の独立系ソリューション・プロバイダであり続けます。

2012年5月、シノプシスは、RSoft Design Groupを買収し、光学設計と解析向けのソフトウェア製品ラインを拡大しました。 シノプシスはRSoftの製品を加えることによって、CODE VおよびLightToolsの製品ラインを強化し、フォトニクスおよび光学設計を網羅するソリューション群を完成しました。 詳細については、下記をご参照ください。

2014年2月、シノプシスは、車載用ライト自動化の設計とシミュレーションをサポートするCADソフトLucidShapeファミリーを開発するBramdenburg GmbHを買収しました。LucidShape製品は、車載ライトのカスタマに特化したより完全なオプティカル・ツール群を提供することにより、シノプシス従来のライティング設計、およびシミュレーションの製品群を拡大強化します。

詳細については光学ソリューションのサイトをご覧ください。

 
CODE Vは、画像形成光学システムや自由空間フォトニック・デバイスの最適化、解析、公差解析に利用されています。 CODE Vは、優れたエンジニアリング機能と直感的なユーザー・インターフェイスの操作性を併せ持っています。 CODE Vには、光学に関する最も強力なローカルおよびグローバル最適化機能、MTFベースの公差解析、環境解析、部分干渉性解析、屈折率分布やDOE/HOEのサポート、偏光光線追跡、レンズのコスト評価など、多数の独自機能が搭載されています。 また、CODE Vの最適化機能と解析機能は、COMインターフェイスを通じて他の科学および工学アプリケーションと簡単に共有でき、シームレスなエンド・ツー・エンド設計ソリューションを実現できます。 CODE Vは、世界の光学技術者に選ばれている業界標準の設計および解析ソフトウェアであり、その機能、品質、精度、使い易さ、技術サポートは他に類を見ません。
LightToolsは、精密な照明アプリケーションのバーチャル・プロトタイピング、シミュレーション、最適化、フォトリアルなレンダリングといった機能が揃う、完成された光学設計および解析ソフトウェア製品です。 強力な3Dモデリング技術により、光学的要素や機械的構造を通過する光線路をシミュレーションするために必要とされる他に類を見ない高い精度を実現します。 完全に統合されたシステム最適化ツールは、ほぼ全種類の照明システムの性能を向上させ、設計完成までに必要とされる時間を劇的に短縮します。 LCDディスプレイから車両照明、プロジェクタ・システムまで、LightToolsは照明設計プロジェクトのあらゆる面をサポートします。
LucidShapeファミリーは、自動車用ライトの解析ツールです。LucidShapeは自動車用アプリケーションに最適化された独自のアルゴリズムをもち、自動車のヘッドライト、テールライト、ウィンカー、リフレクターの設計を支援します。またLucidDriveツールは、夜間の運転のシミュレーションを提供します。照明の様子を写真とほぼ同精度にリアルタイムに再現して、高価な製造とテストを行う前に、ヘッドライトのビームパターンをすばやく正確に検証することを可能にします。
RSoft製品ファミリーは、半導体製造やナノ・スケールの光構造に使われる光通信デバイスや光ネットワーク、光部品をを最適化、シミュレーションするのに用いられます。光ファイバー・ネットワークや半導体リソグラフィ装置、シリコン・オプティカルチップやLEDなどの製品に含まれる光部品とシステムを設計、最適化するのを支援します。また、光テレコム・ネットワークの設計、プランニング、シミュレーションをサポートします。

RSoftは下記の製品群をご提供し、エンジニアが迅速に最終的な設計の選択するのを支援、より市場に望まれる製品をよりタイムリーに投入することができます。

  • Photonic Component Design Suite - 業界をリードするCADにより、複雑なフォトニクスデバイスと部品を解析します。
  • Optical Communication Design Suite - 包括的なシミュレーション技術と部品モデルにより、光通信、データコム・リンクのパフォーマンスを決定します。光ネットワークを設計、最適化する際、DWDMとSONETテクノロジをコスト効率の高い方法で採用します。
エンジニアリング・サービス・グループは、光学設計分野全体に向けて、コスト効率の高い独創的なソリューションを提供します。 行政機関、商用、コンシューマ向け製品で4,800件以上の開発プロジェクトの実績があり、CDプレーヤーの光学部品、ホログラフィを使ったヘッド・アップ・ディスプレイ、精密照明システムなどの画期的な設計を実現してきました。 当グループは、メーカーとパートナーシップを結ぶことにより、設計から製造までトータルな光学ソリューションを提供します。