包括的なローパワー検証

シノプシスは、パワー・マネジメント設計により増加した複雑性や精度要件に対応する機能検証およびトランジスタレベルの検証を提供します。

ローパワー検証による早期バグ検出とリスピンの低減

高度のローパワー設計(アナログまたはデジタル)の消費電力に配慮した検証は、32 nm以下の製品の最優先課題です。シノプシスの高度なローパワー・ソリューションの一部である電圧を考慮した機能検証は、VCSネイティブ・ローパワー(NLP)とVC LPで構成されており、すべての高度なパワー・マネジメント機能を包括的に網羅する高度のローパワー・スタティック・ルール・チェッカーです。シノプシスの電圧を考慮したチェック、モデル、およびシミュレーション・テクノロジは、きめ細かいパワー・マネジメントを備えた最新式のモバイルSoCを含め、すべてのローパワー設計に対応するために必要な精度と検証機能を提供します。VCS NLPおよびVC LPは、設計者がローパワー設計のバグをすばやく特定し修正できるよう、パワーステート変遷、電源切断およびマルチレール・マクロなど、UPFベースのパワー・インテントの包括的なスタティック解析およびチェックをサポートしています。